【Majiニュース】イタリア人代理人「ザニオーロはユベントスに行くべきではない。トルコはイタリアに比べて…」

 

 

 

 

【JuveFC.com】

ニコロ・ザニオーロとセリエA、特にユベントスへの復帰の可能性を結びつける噂が続いています。

ビアンコネリはローマ時代から才能豊かなアタッカーを追いかけていましたが、ザニオーロは前回の移籍市場でガラタサライへ移籍しました。

伝えられるところによると、ユーベのザニオーロへの関心は続いており、彼のトルコでの成功により、トリノのクラブは彼を確保する取り組みを強化することに拍車をかけています。

ザニオーロ自身もユベントスへの称賛を表明した上で、喜んでアリアンツ・スタジアムでプレーしたいと述べており、事実上、ユベントスへの移籍を切望しています。

この動きに合わせて、イタリアでサッカー代理人業を営むベッペ・ガリ氏はザニオーロに対し、イタリアのトップリーグに復帰すること、特にユベントスに移籍することについてアドバイスを送りました。

しかし、このアドバイスの背後にある理由は明らかにされていません。

今後、状況がどのように展開するのか、そしてザニオーロがガリの助言に従うのか、それともユベントスへの移籍を追求し続けるのかはまだ分かりません。

彼はTuttomercatowebを通じて、次のように語りました。

「選手の価値に疑問はありませんが、私が彼だったら、ユベントスには行かずにトルコでもう1年過ごすでしょう。彼は現在、継続的に十分なプレータイムを与えられています。そしてトルコは、イタリアに比べてプレッシャーに直面することが少ないリーグになります。」

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

まず最初に、今回コメントをしたペッペ・ガリさんは、ザニオーロの代理人ではありません。

じゃ、「なんでガリさんがザニオーロについてガリクソってるの?」って話なんですが、分かりません。えぇ、分かりませんし、お察しの通り調べてもいません。

その辺の信憑性や正確性とかを月ユベに期待するのが間違いです。「日付以外はガセ」くらいのスタンスでお読み頂けると幸いです。

そしてガリさんは「ルートコでもう1年」とか言っているようですが、ラーメン師匠が退団し、そしてキー坊の処遇もハッキリしていない中、我々はそんな悠長なことは言ってられず。

とりあえず編集長がお伝えしたいのは、「ユベントスは獲れるならとるべし」であり、「ガリさんは余計なことを言ったらダメダメ」であり、「ガリクソンって1988年から1989年の2年にかけて巨人でプレーした投手で、スクリューボールを決め球にしてたの知ってる人います?」ってことでございます。てじなーにゃ。

 


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...