【移籍?残留?】ディバラの未来はどちらに…/投票あり

【移籍?残留?】ディバラの未来はどちらに…

 

ここ数日で「噂」が「現実味」を帯びてきたディバラとルカクのトレード話。

‘’ユベントスの宝石‘’は来シーズンもユベントスでプレーするのか、それとも赤のユニフォームを身にまとう事になるのか。ここ一日のディバラに関するニュースを取り上げてみました。最後に「投票」もあるので是非ご参加ください。

 


 

[SKY]ユベントスとマンチェスター・ユナイテッド間で、ディバラとルカクのトレード話はまだまとまっていない。なぜなら、ディバラ個人と「年俸」と「肖像権」に関して合意に達していないからだ。

 

[Romano]パウロ・ディバラはマンチェスター・ユナイテッドと個人レベルでの交渉の最中であり、まだ合意には達していない。

 

[Di Marzio]ルカクとユベントス間での個人合意には達しているが、ディバラとマンチェスター・ユナイテッド間ではまだ詳細を詰める段階であり、交渉は完了していない。

 

[SKY]パラティッチはロンドンより戻り、マンチェスター・ユナイテッドとの交渉は一時ストップした。現在、ユベントスはルカクと合意に達しているが、ユナイテッドはディバラに対して幾つかの条件を差し出している。

 

[SportItalia]マンチェスター・ユナイテッドはディバラに対して「年俸1100万ユーロ」を提示した。

 

 

[NicoSchira]マンチェスター・ユナイテッドは「年俸1200万ユーロ(5年)」を提示したが、ディバラは首を縦に振らなかった。

 

[Momblano]ディバラとマンチェスター・ユナイテッド間で合意に至っていない理由は、「金銭」の問題だけではない。

 

[SKY]ユベントスはディバラ移籍のデッド・ラインを8月5日に設定した。現時点ではディバラが移籍拒否している事で、交渉は停滞している。

 

[Rai]ディバラはユベントスに残りたいと考えている。

 

[Gazzetta]ユベントスとディバラでの最初のミーティングが行われ、選手はチームに対して「ユベントスでプレーを続けたい」と訴えた。

 

[Romano]ディバラは、自身に移籍の噂が出る事に怒りと同様を隠せずにいる。

 

 


 

ここ1日の記事を見ていると「どちらに転んでもおかしくない」状況だと言えるでしょう。

ディバラはユベンティーニに非常に人気があり、そして『ユベントスの象徴』と言っても過言ではない存在です。しかし、現在のチーム状況を鑑みた時に、ファンだからこそ「必ずしも残留がディバラにとって正解ではない」という見方を持っている方もいると思います。

 

今回の投票はその辺りも考えた上で、投票頂ければ幸いです。(もちろん主観的な意見全開のコメントもOKです!)

 

皆さんの声を聞かせて下さい!