【Miniニュース】アタッカー補強を考えるユベントス、‘’レンタル‘’でモラタ復帰を画策か!

 

 

 

 

【JuveFC.com】

アルバロ・モラタは依然としてユベントスファンの間で愛されている人物であり、3度目の復帰話が議論されています。

これまでにユベントスで2度プレーしたスペイン人ストライカーは、昨夏にビアンコネリへの完全移籍が噂されていました。

しかし、クラブは代わりにアルカディウシュ・ミリクを獲得しました。そのミリクは十分なパフォーマンスを見せたものの、買い取りオプションを行使しないかもしれません。

モラタがアトレティコ・マドリードとの契約最終年を迎える中、ユベントスとの3度目の契約を交わす可能性が浮上しています。

それにもかかわらず、Calciomercato.comによると、彼はアトレティコとの契約をさらに2シーズン延長する準備を進めているとのことです。

この展開は、モラタのユベントス移籍に関する憶測を打ち消すように見えるかもしれませんが、レポートはそうではないことを示唆しています。

この契約延長により、ユベントスがモラタ獲得を目指して、アトレティコに2度目のローン・トゥ・バイ契約を打診するのではないかとの憶測が高まっています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

【編集長ミツひと言】

キンタ放出に加えて、ウッディを買い取らない可能性が浮上したいま、スネバックはユベンティーニとしても望む所。

そしてスネ夫にしてみても、生意気ながらユベントス復帰は決して悪くない話ではないかと予想します。

更にユベントスとしては、もしレンタルで獲得できるのであれば選手獲得資金を抑えることが出来ますし、実績のあるスネ夫獲得となれば、ヒロシのハゲ頭もチームを構築しやすくなるのではないかと予想します。

本来であれはスネ夫ごときを歓迎するのは誠に遺憾ですが、背に腹は変えられませんので、スネ夫で我慢しようと思います。知らんけど。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...