【Miniニュース】ポチェッティーノ新監督を迎えたチェルシー、ユベントスからレンタルで加入中のザカリアの処遇は…

 

 

 

 

【JuveFC.com】

スイス人ミッドフィールダーがクラブに復帰すると予想されているため、ユベントスはデニス・ザカリアの処遇について決断を迫られています。

ザカリアはユベントスで出場時間を確保するのに苦労していたこともあり、2022-23シーズン開幕直後に、チェルシーにローン移籍で加入しました。

当初、ユベントスはザカリアを、チェルシーへ完全移籍で放出したいと考えていました。

しかし、現地ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ポチェッティーノ新監督はザカリアに対し、自分の構想には含まれておらず、買取オプションを行使しない旨を伝えたことが明らかになっています。

その結果、ユベントスはザカリアの復帰に対応するための準備を整える必要が生じて来ます。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

まぁ、ポッターが続投したとしても、ザカリア復帰は既定路線でしたのでなんら驚きはありませんが、さてヒロシは小峠を「主力の一部」として迎え入れるのか、それとも「構想外」として移籍先を探すことになるのか。

ラビちゃんの移籍が決定的となったいま、ビミョーっちゃービミョーな部分があるのは事実で、小峠がラビちゃんの抜けた穴にピタッとハマり、そしてピコ太郎が安定してシフトに入ることが出来れば、来シーズンのチームもそれなりに戦えるような気がします。

まぁ、ここにミリサビでも加わればペキカンですが。

 

なんにしても小峠が一度戻ってくる事は間違いなし。

「放出したくても受け入れ先が見つからずになんて日だ!」なんてことにならないことを、切に願います。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...