【Majiニュース】新取締役会はアッレグリとの契約解除を考えている

 

 

【JuveFC.com】

親友のアンドレア・アニェッリが辞任したにもかかわらず、ユベントスでのマッシミリアーノ・アッレグリの地位は安全であると見なされていました。

実際、多くの人は、クラブにマネジメントの立場の人間が不足しているため、監督に新たな権限が加えられる可能性があると考えていました。

しかし、最近のレポートでは、現時点でアッレグリの立場は安泰ではないと伝えています。

BeIN Sportsによると、クラブの新しい経営陣はアッレグリの将来について考えており、新しい取締役は、早期の契約解除を選択する可能性を秘めています。

アッレグリは、2014年から2019年の間にトリノで成功を収めました。彼は 2021 年にクラブに戻り、現在の契約は2025年まで続きます。

ただし情報筋は、取締役会がシーズンの終わりに監督の契約を解除することを検討しているのか、それともシーズン途中で解除するのかを特定してはいません。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

【編集長ミツひと言】

今回、ニュースとして取り上げたbeIN Sports(ビーインスポーツ)」はカタールのスポーツ専門局のようで、編集長が知る限りでは、今回の「アッレグリとの契約解除」について、イタリアで報じているメディアはなさそうな感じ。

って優香、現在こそ、勝ち点15をカツアゲされた関係で9位に沈んでいるものの、それまでは3位につけており、直近の国内リーグ10試合においても8勝1分1大敗の勝ち点24を獲得。契約解除する理由は見当たらず。

 

 

まぁ、beIN Sportsがどれだけ信頼のおけるメディアかは分からず、更にそのニュースを取り上げる月ユベってどーなの?って話でもあるのですが、今回の件については「話らんま1/2」それはすなわち「話半分」くらいの構えで見聞きしてもお釣りが来ると思います。

 

では、そう言う事で。

 


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...