【Majiニュース】ヴラホビッチ移籍を覚悟するユベントス、すでに代わりのアタッカーをリストアップか!

 

【JuveFC.com】

ユベントスは、ドゥサン・ヴラホビッチの名前が幾つものヨーロッパのクラブの獲得リストに残っていることを知っており、彼が去る可能性を否定していません。

このセルビア人ストライカーは、世界で最も有望な若手選手の1人として1年前にチームに加入し、彼らの主要な選手として存在感を示して来ました。

 

 

 

 

ビアンコネリはアーセナルとの争奪戦の上にヴラホビッチを獲得しましたが、引き続きガナーズを含む他のヨーロッパのクラブが、彼の移籍に関心を持っています。

Tuttomercatowebのレポートによると、マックス・アッレグリのスタッフはこの件について認識しており、ヴラホビッチの代わりとなる1人の選手をリストアップしています。

そのレポートでは、ビアンコネリがザルツブルクのノア・オカフォーの名前が挙がっており、ブラホビッチを失った場合、スイス人アタッカーの獲得に動き出す可能性があると伝えています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

【編集長ミツひと言】

まずはノア・オカフォーについてですが、スイス国籍のアタッカーで、現在はオーストリアのザルツブルクでプレー。

昨シーズンは34試合で14ゴール、今シーズンもすでに22試合で10ゴールを挙げております。

プレーを見る限り、「前線でターゲットマンになる」と言うよりは「マルチにこなすストライカー」で、言うなれば「キレとコクと喉越し」で勝負するタイプだと捉えています。ちょっと現在のユベントスだと同じタイプは見つからないかもです。

 

 

ただ、編集長的には「ユベントスがヴラホビッチを簡単に手放す訳はない」と思っておりまして、オカフォーは年齢もまだ22歳と若いので、まずは「期待枠」的な感じで獲得するのも面白いんじゃないかと思いました。

 

ちなみに、「ルガーニとデ・シリオも期待枠で加入していましたよね?」的なことは言わない約束で。

 


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...