【Majiニュース】イタリアメディアは「キエーザの起用法」についてアッレグリを非難している

 

【Football Italia】

マッシミリアーノ・アッレグリは、イタリアのすべてのスポーツ紙によって10点満点中で4.0と評価されおり、イタリアの戦術家は、特にフェデリコ・キエーザに対する戦術的決定について非難されています。

ビアンコネリの監督はナポリ戦において3-5-2システムを採用し、イタリアを代表するウィンガーは、右サイドバックを兼用する形でスタートしました。 2016年にフィオレンティーナでセリエAデビューを果たして以来、この役割を任される事はなかったように思われます。

La Gazzetta dello Sport は、ビアンコネリの歴史の中で最も屈辱的な敗北の1つであると報じており、個々のミスが失点に繋がった部分はあるものの、キエーザをそのポジションでプレーしたことでユベントスに歪が生じたことを強調しました。

 

 

 

 

キエーザは守備の任務に遂行することが出来ずに、彼の存在は「問題」だったとTuttoSportは取り上げており、アッレグリがイタリア代表ウィンガーに慣れないポジションを任せたことを批判しています。

またCorriere dello Sport は、ユベントスが存在したのはわずか10分間であり、「プレイヤーが偶然ピッチにいたかのように吹き飛ばされた」と書いています。

 

(Football Italiaここまで)


 

 

【編集長ミツひと言】

キエーザのポジションに関しては意見の分かれる所でありまして、ポイントとなるのは恐らく「ポジション」と言うよりは「役割」。

例えポジションがウィングバックだとしても、例えば逆の左サイドが「可変の左サイドバックを任せられる選手」であれば、キエーザは4-4-2のサイドハーフと同じ扱いになるので歪は生じないのですが、ナポリ戦のように「左にコスティッチで右にキエーザ」と攻撃的な選手が配置された時に、守備のタスクが与えられてしまうので、(攻撃力のある選手をディフェンスラインに組み込むなんて)もったいないオバケが出て来るんだと思います。

 

\クーポンで500円OFF/楽天市場プロテインラインキング1位!プロテイン タンパクオトメ【送料無料】

 

となると、「コスティッチとキエーザの併用は不可能なのか!?」と言う話にもなるのですが、決してそんな事はなく、その辺は選手のやり繰りとシステムでどうにでもなるんじゃないかと編集長は考えています。

そもそも「3-5-2縛り」って訳でもありませんし。

 

 

そしてこの件については明日(1/16)のユベントス会議室でお題として取り上げる予定になりますので、ぜひ加入のうえ併せてご覧頂ければ幸いです。

 

えぇ、まさかのユベ議室の宣伝で今日の記事を締めくくる形になりました。怖い世の中になりましたね。知らんけど。

 

 

詳しくはこちら(↓)からよろしくどうぞでございます。

 



(記事終わり)

※下段に「コメント欄」あり。ぜひ、感想等をお残し下さい!

【月ユベ周りコンテンツ】

ユベらじ  |  ユベントス会議室  |  Twitter  | 
 |  Instagram  |  編集長ミツのオススメ商品  | 
 | amazon欲しいものリスト  |  giftee  | 



【最近の記事】

Thumbnail of new posts 034

: テキストNEWS

【プチNEWS】怪我人が戻ってくれば、アッレグリは4-3-3を採用する

プチNEWS   怪我人が戻ってくれば、アッレグリは4-3-3を採用す ...
Thumbnail of new posts 117

: Majiニュース

【Majiニュース】報道一転!?ユベントスはアッレグリとの契約を延長する準備を進めている

    【JuveFC.com】 新しいレポートによると、ビ ...
Thumbnail of new posts 195

: Majiニュース

【Majiニュース】アニェッリ辞任のユベントス、スーパーリーグからは撤退へ

    【JuveFC.com】 ユベントスは、ヨーロッパ・ ...