【浅掘り考察】エンポリ戦負傷交代のザカリア、検査の結果3週間の離脱へ。どうなるユベントス、ボランチ陣!

「これで9人目の怪我人だから、野球チーム作れるね」とか言ってる場合じゃないですからーーー。

 

 

残念!

 

 

 

 

Romeo Agresti

本日J-Medicalで行われた精密検査の結果、ザカリアの左大腿部の内転筋に軽度の損傷が見つかった。全治まで20日程度を要するだろう。

 

 

やっぱり残念!

波田陽区と水谷隼って、やっぱり似てますよね…。

 

 

って事で、中盤では池崎に続いて小峠も戦列を離れる事になりました。

もう、「にっちもさっちもどうにもブルドッグ」って感じではあるものの、そうは言っても試合は続くよどこまでも。泣こうが喚こうがハゲようが、2日後にはフィオレンティーナ戦がやってきます。

つきましては、ハゲる必要は一切ございませんので、まずはこの「中盤3人しかいない状態」をどうやって乗り切るかを簡単にですが考えてみたいと思います。えぇ、「浅掘り考察」の名にふさわしく「簡単に」でございます。

 

 

スリーボランチ

残ったラビ彦、カリメロ、ツヨポンの3人を並べる4-3-3。幸いにもアタッカー陣についてはキュンがそろそろ戻って来そうですし、キュンが不在だとしてもスネ夫、キンタ、アラレがいて、更にスーレも帯同するでしょうから、この中の3人を前線に並べれば4-3-3でも十分に戦えるはず。これが本線ですかね。

 

 

ツーボランチ

システムを4-4-2にして、クアマンを右サイドハーフ、ラビ彦を左サイドハーフに配置する形。クアマンを右ウィングまで上げて4-3-3でもいいですが、中盤を厚くするならエンポリ戦同様に4-4-2でもいいかも。カリメロとツヨシをツーボランチで並べた方が、役割(=ゲームメイク)がハッキリしていいかもしれませんね。

 

 

ダニーロ

「困った時のオジーロ」と相場は決まっているので、この状況の中でオジーロ投入となったとしても何ら不思議ではありません。モチのロン、ラビ彦、ツヨポン、カリメロ3人の起用をベースとして、ローテーションでオジーロ起用となってくるでしょうが、オジーロがボランチに入ったら入ったで守備のタスクは担ってくれるので、むしろツヨポンあたりは思い切って攻撃に振り切れるかもしれません。

万が一にも得点に絡む事があれば、アフキャバも大盛り上がりになるでしょうし、ボランチ起用に応えてくれるかもしれません。

 

 

ミレッティ

エンポリ戦でもベンチ入りしていたので、このチームの窮地にスクランブル起用される可能性もあり。

「随分と童顔だし、まだママのおっぱい飲んでそうな顔してんなー」って思ったんですが、それもそのはず調べてみたら18歳。飲んでてもおかしくない年齢でした。

 

 

 

まとめ

 

為せば成る

 

為さねば成らぬ

 

何事も

 

 

 

まぁ、ヒロシが何とかしてくれるっしょ!

 


【最新のユベらじ📻】


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...