【お知らせ】選手名鑑に「ヴラホビッチ」「ザカリア」「アケ」を追加しました

月ユベの生命線とも言える「選手名鑑」。いや、選手名鑑が生命線ってどんなサイトやねん!って感じもしますが、兎にも角にもこの「愛称」については、月ユベを偏った愛情と共に応援頂ける皆さんから大きな期待を寄せられている事は、フトシのブットシくらいビンビンと感じております。

 

って事で、すでに発表済ではございますが、ヴラホビッチ、ザカリアに加えて、アケとランドウィッチ(アシスタントコーチ)の紹介文を、選手名鑑に下記の通り追加致しましたので、お知らせさせて頂きます。

 

 

7:ドゥシャン・金太郎・ヴラホビッチ

「ストライカーが欲しい」「ストライカーが欲しい」「ストライカーが欲しい」とスネ夫への当てつけとも取れるアピールを続けた結果、冬のマーケットで大物 of 大物の獲得に成功。前線で起点となるだけではなく、ゴール前ではマサカリひと振りでゴールを奪うその力強い様は、まさに「金太郎」。ファンとしても身体を張って戦う姿勢に「キンタ負けるな、キンタ負けるな、キンタ負けるなー」と、イチモツに汗を握り応援するに違いありません。

 

 

28:デニス・小峠・ザカリア

今シーズン限りでボルシアMGとの契約が満了となり、そして契約更新しない旨を早々に表明していた隙をついて、総額1000万ユーロも掛からずに冬のマーケットで獲得。「ディフェンシブ・ミッドフィルダー」と紹介される機会が多いものの攻撃力も備えており、デビュー戦となったエラス・ヴェローナ戦では初出場・初ゴールを記録。ゴールが決まった後には「なんて日だ!」と叫び、ユベンティーニのハートを一気に鷲掴みにしました。

 

 

38:マルレー・ハマジ・アケ

ユベ坂23(ユベントスU-23)からトップデビューを果たしたアケは、今年の1月に21歳になったばかりのチェリー・ボーイ。まだまだベールに包まれている部分も多く(編集長が知らないだけだけど)、現時点で分かっている事は「スピードで勝負するドリブラー」と「ちびまる子ちゃんに出て来るハマジに似ている」と言う事だけ。ボールを持ったらとにかく勝負をするタイプなので、そのうちお兄さん方に怒られるんじゃないかと期待しています。

 

 

アシスタントコーチ:マルコ・メガネくん・ランドウィッチ

第一次政権時からヒロシを支えるアシスタント・コーチ。今シーズンはヒロシ不在となった第21節のローマ戦と、コッパイタリアのサンプドリア戦で指揮を執り、それぞれ4対3、4対1で勝利を収めた。現地では「4点取れるメガネ」として評価も高い。

 

 

スーレやデ・ウィンターなんかも含めて、ユベ坂23の選手も出場機会が増えてくれば選手名鑑に追加していくので、お楽しみにしていて下さい。

って事で、まずは上記の4人をよっろしくねー。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...