【今こそ気持ちをひとつに!】2020-21シーズン第3節 vs ナポリ戦 プレビュー

 

思い返せば10月の頭に組まれていた第3節。「きっと君はこない、一人きりのアリアンツ、Oh…」と山下達郎が歌ったかは分かりませんが、ナポリがスタジアムに現れずユベントスの不戦勝に。からの~、一転して『無効試合』となった訳ですが、その振替が4月8日(日本時間)に行われる事になります。

 

そして神様のイタズラか、それともトータルテンボス大村のイタズラなのかは分かりませんが、ユベントスとナポリは28試合を終えた時点で勝ち点56で仲良く並んでおり、チャンピオンズリーグ出場権を争う状況に。まだ残り10試合はあるとは言え、この直接対決が今後の展開に大きな影響を及ぼす事は間違いなく、しつこいようですがCL最多準優勝記録チームだと言う事は一旦棚に置いて、残り試合全てを‘’決勝戦のつもり‘’で臨んで欲しいと願います。

 

 

そしてユベントスに目をやりますと、代表戦から戻ったポヌッチとゴローにコロナウィルス陽性反応が検出。どうやらアバラル君は2度目のPCR検査で陰性が確認された事で戦列復帰となりますが、チームは中盤のダイナモと、ディフェンスラインのリーダー風味をしばらくの間、欠く事を強いられます。

 

しかし!しかしのしかーし!度重なる怪我、コンディション不良、更にはパーティにより、更にはパーティにより(大事な部分なので2度言いました)チームから離れていたキュンの復活が濃厚。調べてみると実に1月10日に行われたサッスオーロ戦以来の帯同となり、すでにブランク期間は3ヶ月を超える事になりましたが、このチンピーなチーム状況において背番号10にファンが寄せる期待は決して小さくありません。パーティるくらいの元気を持ち合わせている事は間違いなく、ぜひそのパワーをこの大一番でも見せて欲しいと願います!

 

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

<スタメン予想/4-4-2>

GK:コブタン
DF:クアマン、フトシ、ロボ、オジーロ
MF:池崎、カリメロ、主任、キー坊
FW:スネ夫、キーちゃん

 

キーパーは前日会見で小五郎がコブタン起用を明言。前節のトリノ戦ではニアから打ち込まれて悔しい失点を喫しているだけに、このナポリ戦では名誉挽回とばかりにクリーンシートを見せて欲しい所。

ディフェンスラインは可変式の4バック。ユベ議室でも『ダニーロの最適ポジションはどこか』が議論されるほどの七変化を見せている39歳(蟹座)が、気の利いたプレーでユベントス守備陣に安定感を与えてくれる事に期待したいと思います。

中盤には例の事件現場にいたと言われる池崎とカリメロがスタメンに戻り、そこに主任とキー坊が加わる形に。今シーズンのユベントスのボランチにおいては、『アルトゥールとベンタンクールのコンビが1番安定していール』とも言われていますので、この2人のゲームメイクにも注目すールでございます。

最後にツートップは引き続きスネ夫&キーちゃんが名を連ね、ナポリのゴールマウスを守るオスピーナッツに襲い掛かります。

 

 

さぁ、負けられない一戦!

 

いや、勝たなくてはならない一戦!

 

小五郎の手腕、責任の所在、編集長が明日胃カメラの検査だから今日の夕飯は20時までに消化の良いものを食べなくちゃならない、などと言っている場合ではありません。

 

今こそ気持ちをひとつに、チームを後押しするのです!

 

 

倒すぜナポリ!

 

 

Forza Juve! 

 

【編集部オススメ記事】

ナポリ戦を前にぜひ!😎