【Topics】いまだ調子が戻らないベルナルデスキ、冬のマーケットでの移籍は確実か!

 

昨シーズンの『さんざっぱら状態』からは脱出した感のあるゴローちゃんですが、いまだ『ぱらぱらから抜け出した』とは言えず。冬のマーケットで移籍する可能性が出てきているようです。

Romeo Agresti

ベルナルデスキは冬にチームを去る可能性がある。彼の将来はビアンコネリにはないだろう。

 

月ユベが言うならいざ知らず、イタリアで信頼の置けるジャーナリストであるRomeo Agrestiさんが言うんだから、そりゃ「ノールックスルー」する訳にも行きません。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

2018-19シーズンはアトレティコ戦に代表されるように、飛躍の一端を見せてくれたゴローちゃん。しかし翌2019-20シーズンは「サッリが敷く可変式システムの犠牲となった」と言っても過言ではなく、出場時間は伸びたもののファンに対してインパクトあるプレーを残せなかったのは確か。

 

と言う事で、ここ数シーズンの成績を見てみましょう。

 

 

はい、ドン!

2018-19シーズンは上記の数字が物語っている通り、特にシーズン後半に進むに連れてアッレグリ・ヒロシのゴロちゃんへの信頼度も高まり、22試合に先発出場を果たしました。この時はここからもうひとズルムケすると思っていたんですけどねー。

 

続く2019-20シーズンは出場試合数こそ38と多かったものの、得点とアシストは減少。主に右サイドで上下運動を繰り返していたイメージが残っています。ありゃ、ハードだったろうねー。

 

そして迎えた今シーズンは15試合に出場するもスタメンはわずかに3。しかも途中出場にはラスト10分を切ってからのものも多く、恐らく小五郎からの信頼をまだ勝ち取れていない事は明らかですなー。

 

 

では、ゴロちゃんを放出する理由は何があるか考えてみました。

 

①ゴロちゃんが幸せ

先ほども書いた通り、最後の10分を切ってからの出場が続けば、ゴロちゃんもアンハッピーなはず。恐らくゴロちゃん自身はユベントスに対する愛情があると思いますが、まだ26歳と若くビンビンしたい年頃だと思いますので、スタメンを確約されるようなチームに移籍するのもありっちゃーありな気もします。

 

②CL登録メンバー外

2月から決勝トーナメントが始まるチャンピオンズリーグにおいて、もしユベントスが新たな選手を獲得するとなると既存メンバーから1名が登録外になる事に。その候補にゴロちゃんが挙がった場合には「なら一層のこと」とチームが放出を検討する事も否定する事はパーヒャクできません。

 

③イケメン対決に敗北

ユベントスと言えばイケメンが多い事でも知られていますが、今シーズンはラビ彦がそこそこの働きを見せているので『イケメンジャー』入りが確実。となると、既存メンバーである『ディバラ風味、ゴロちゃん、編集長』の中から一人が入れ替えとなる事になり、人気順でゴロちゃんが追い出される形になる可能性も除外できないでしょう。ちなみに「人気順」は『1位:編集長、2位:ディバラ風味、3位:ゴロちゃん』でございます。

 

 

まとめ

これは真面目な話なのですが、ゴロちゃんの事を考えると「スタメンが確約されて、得意なポジションを任せてもらえるのであれば、移籍もやむ無しかなぁ」なんて考えています。

まぁ、どうしてもアトレティコ戦(2018-19)のゴロちゃんを追っかけてしまうんですが、ただあの試合で見せた躍動感溢れるプレーをゴロちゃんがまた見せてくれると信じていますし、そしてGG(ゴローガールズ)もあの時にぶっしゃった爽快感が忘れられないんだと思います。

本当に本当に難しい局面を迎えていますが、まずはゴロちゃんが幸せにサッカー人生を送る事を願い、その為には同じイケメンとして編集長も最大限の後押しをするばかりです!

 

 

Forza ゴロちゃん!

 

【最新のユベ議室お題】

2020年のうちに是非お仲間に😎

🏪コンビニ決済はこちらから🏪