【Topics】ユベントス、モイズ・キーンにポジションを奪われた『イカルディ』に注目か!

 

ポグバックともども移籍市場の風物詩となっているイカバックですが、「今冬はないだろうなぁ」と思っていた所に(完全に忘れていた所に)、突如名前が挙がって来ました。

Le10sport

ユベントスはイカルディの動向に注視している。アルゼンチン人アタッカーは、今シーズン加入したモイズ・キーンとのポジション争いに敗れ、出場機会を失いつつある。

 

ヨメルディも漏れなくセットになるんで、月ユベ的にはありっちゃーありですが。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

まず、今シーズンのイカルディに関してご紹介します。

 

 

はい、ドン!

 

 

全23試合のうちで出場したのはわずか5試合なんですが、これって実は「怪我で戦線離脱」が多くて、帯同メンバーから外れた18試合のうちの16試合が怪我で、残る2試合がコロナウィルス感染。タイトルにつけた「モイズ・キーンとのポジション争いに敗れた」と言うのは正確な表現ではないかもしれませんが(てへっ)、この間にモイズ・キーンが結果を残したのも確か。

 

と言う事で、キーンはこんな感じ。

 

 

はい、ドン!

 

 

PSG移籍後は18試合で11ゴールですから「調子いい」って言って間違いないでしょうし、スタメン出場も増えているので、イカルディに関しては「復帰してもモイズ・キーンに負ける」って表現してもウソピョンにはならないかもしれません。

エバートン時代とは打って変わって、楽しそうで何よりです。

 

 

んじゃ、「今のユベントスにイカルディは必要か?」って部分について、大前提として小五郎がトップに誰を考えているか。個人的にはミノル、キー坊をトップで起用して欲しいと思うのですが、いまいちエンジンが掛からない童貞のミノルはトップ下で何とかしようとしてる風ですし、逆にシーズンが進むに連れて存在感を示して来た素人童貞のキー坊は両ウィングとしてビンビン中で、ちょっとそこからは外せない感じ。となると、残るキーちゃん、スネ夫、ディバラ風味の3人で回す事が予想されますが、いかんせんディバラ風味の調子が上がらない事と、もしスネ夫にお休みを与えた場合、「キーちゃん&ディバラ風味」の並びだと2人とも遠足に出かけてセンターフォワードがお留守状態に。そう考えると現在チームが動きを見せているように、『ポストが出来るセンターフォワード獲得』に動いても不思議ではなく、そこにイカルディのような計算できる選手が浮いていれば、注目するのは当然だとも思います。

 

 

まとめ

ジェコ、ジョレンテ、ミリクなんて名前も挙がっていますが、もし安価にイカルディが獲れるならスゲー補強になるかもしれませんね。ただ、インテルからPSGに移籍した際の移籍金が5000万ユーロで、更にその際に「PSGがイタリアのチームに移籍させる際にはプラス1500万ユーロをインテルに支払う」なんて条件が盛り込まれいたとも言われているので、ユベントスとしては怪我から復帰してもPSGで試合に出してもらえなくて、それに対してヨメルディが吠えるのを遠目で見ているくらいが丁度いいかもしれません。

うん、それが一番楽しいに違いない。

 

【最新のJuveTube🎥】

動画についても結構精力的にアップしてますな😎