(バルサ戦)Gazzettaの採点に編集長が物申す!

 

『編集長と言えばイケメン』『イケメンと言えば編集長』と同じくらい、「Gazzettaと言えば採点」であり「採点と言えばGazzetta」と言っても過言ではないこのカルチョの世界でありますが、ちょっとお試しも含めて『Gazzettaの採点に編集長が物申す』って言う記事を書いてみようと思います。

最終的には『King of 他人のフンドシで相撲を取る』なんですけど、軽いタッチで進めて参りますので、是非ともご一緒にお楽しみ頂ければ幸いです。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

※下記はGazzettaの採点になります。

 

採点:8.0

マッケニー、ロナウド、ピルロ

フトシ起用に関して「出ない出ない詐欺」を働いてまで勝利にこだわった小五郎と、試合を通じてイェイイェイしまくった池崎は納得の8.0。キーちゃんについては2ゴールが評価されたとは思いますが共にPKでの得点になり、本音を言えば「7.0くらいでもいいんじゃね?」って思う所はありますが、その辺は暗黙の了解と言うか忖度と言うか、最終的にはGazzettaも「分かってるよね?」って事なんだと思います。

 

 

採点:7.5

ボヌッチ、クアドラード、モラタ

ひとりを除けば順当ですかね。誰だかは言いませんが。って優香、ぶっちゃけクアマンはもうひとつ上の8.0に行ってもおかしくないレベルの働きだったと覚えているのですが、要所要所でパスミスしたりズサったりしてたのが、Gazzettaにはバレてたのかもしれませんな。

 

 

採点:7.0

ブッフォン、ダニーロ、デ・リフト、サンドロ、アルトゥール、ラムジー

うーん「フトシは7.5かなー」って気もしますけど、皆さんどうでしょう?この中ではカリメロがここまで評価される活躍を見せられたのはチームにとっても大きいと思います。いつも以上にボールを持つ時間も短かったように感じましたし、何より守備でも貢献していました。松野さんに関しては『足元が苦手』って言うのもありますが(むしろそれが理由ではあると思うんですけど)、試合終盤で届いたバックパスについては徹底的に大きく蹴ってセーフティファーストだったのは見ている方も安心感がありました。

 

 

採点:6.5

ラビオ、ベンタンクール

この両選手が試合終盤で出て来るんですから、なかなかの豪華なスカッドと言えるでしょう。主任の守備での頑張りも評価されていると思うのですが、個人的にはラビ彦がボールを持った時の前への推進力がこのバルサ戦ではチームを助けたと思っています。今回はスペイン遠征なのですが、ラビ代が付いてきて試合前のマモパイタイムが上手く調整出来たんですかね。

 

採点:s.v.

ディバラ、ベルナルデスキ、キエーザ

出場時間が長いんで何とも言えませんが、なんとなーく「ディバラ風味が少し空回ってるなぁ」って感じたんですが、口に出さないでおきます。

 

 

まとめ

バルサ戦の採点は本当に全員が高得点を叩いていて、それを見て「全員が高得点じゃないとこう言った大逆転劇は起きないよなぁ」って実感しました。スタメン全員が7.0以上ですし。

って事で今回はお試しでアップしてみたのですが、いかがでしたでしょうか?他のひとの採点を見るのって、結構楽しかったりしますよね。ちなみに月ユベの『採点コーナー』はまた別でアップしますんで、お楽しみにしていて下さいませー。

 

【最新のJuveTube🎥】

この試合の振り返りは聴くしかないでしょーーー😎