【テキスト遅報】UEFAがユベントスに対する制裁措置を検討か!ヨーロッパのカップ戦には…

テキスト遅報

 

 

 

UEFAがユベントスに対する制裁措置を検討か!ヨーロッパのカップ戦には…

下記、Gazzettaより。

 

「UEFAはユベントスに対する措置を講じており、不正なデータに基づいてライセンスと和解契約を確保したことが示された場合、ヨーロッパのカップに登録できないリスクがあります。」

「制裁措置は、2023-24シーズンの前に課されることはありません。」

 

取りあえず、何があったとしても「全部ポヌのせいだ」。

編集長がチームを信じ、愛し、そして全部ポヌになすり付けるスタンスは変わりありません。

 

 

 

12月6日から再始動となるユベントス、メンバーの中には"あの選手"の名前が…

12月6日から2週間行われるトレーニングには、下記選手たちの参加が見込まれているようです。

 

  • ペリン
  • ピンソーリオ
  • ガッティ
  • ルガーニ
  • デ ・シリオ
  • ミレッティ
  • ファジョーリ
  • ロカテッリ
  • キエーザ
  • キーン
  • クアドラード
  • スーレ

 

えぇ、幻ではありません。

久し振りに「動くユッティ」それはすなわち「生ユッティ」を見る事が出来ます。

 

とろけそうですね。

 

 

 

UEFAがユベントスの調査を開始!焦点となるのは…

現地ジャーナリスト、Ben Jacobsさんのツイートより。

 

「UEFA はクラブのライセンスとファイナンシャル フェアプレーの規則違反の疑いについて、ユベントスに対する正式な調査を開始しました。」

「CFCB (Club Financial Control Body) First Chamber は、トリノの検察官によって最近公表された『金銭的違反の疑い』に焦点を当てる予定です。」

 

キーちゃん獲得の際のナンジャラカンジャラなどが取り上げられていますが、編集長的には「ピンちゃんの年俸が安すぎる」も取り上げられるのではないかと構えています。

この部分に関しては完全に「フェアプレーを脱している事」は明らかなので。

 

 

 

再建を図るユベントス、ベッペ・マロッタの呼び戻しを画策か!

現地ジャーナリスト、ルディ・ガレッティさんのコメント。

 

「ユベントスに近い情報筋によると、ユベントスはベッペ・マロッタとコンタクトを取り始め、トリノに戻ってくるように説得を始めたようだ。」

「インテルとマロッタは、2025年まで契約を結んでいる。」

 

こんなん起ったら、まさに「ユベントス→ミラン→ユベントス(しかも2年のうちに)」と同じようなミラクルですが、それが起こるのがカルチョ。

もしかしたらユベントスにハゲ頭がもうひとり増えるかもしれませんね。

 

 

 

スチェスニー「アニェッリは偉大な人物だった、しかし我々は…」

W杯グループリーグでPKを2本止めるなど、ブリりにブヒりまくっているコブタンが、今回のユベントスの騒動に関してコメントを寄せました。

 

「アニェッリは偉大な人物だが、我々のサッカー人生は続きます。ここ数日で起こった混乱にもかかわらず、私たち選手はユベントスのシャツのために全力を尽くす事は間違いありません。」

 

もしアニェッリがロッカールームを喫煙可能にしていたら、コブタンももう少し感傷的なコメントを残していたかもしれませんね。知らんけど。

 

▼▼▼ 全国旅行支援なら楽天トラベル ▼▼▼

 

 

今シーズン12位と健闘するサレルニターナがルガーニ獲得を画策か!

ワールドカップブレイク前の時点で12位と検討するサレルニターナですが、冬のマーケットで揉太郎を獲得できないかと考えてい模様。

 

サレルニターナにとっては何気に良い補強だと思うので、「サレルニターナ、そこに目をつけてきターナ」って感じですね。知らんけど。

 

 

 

立て直しを図るユベントス、キエッリーニとデル・ピエーロが戻るタイミングは…

取締役一斉ビャッコーーーン!から1日が経過する中、早速次のフロント陣の話題が挙がっておりますが、イタリアのSKYは「キエッリーニとデル・ピエーロがすぐにチームに戻る事はない。それは早くても6月になるだろうが、確定的なものはまだ何もない」と報じているようです。

 

デル・ピエーロに関しては、昨日から今日に掛けてメディアが結構思わせぶりな報道をぶっ込んでいるので、いざとなったら「試合前の食事の際にうどんを茹でる担当」あたりで構いませんので、戻して頂けないでしょうか。。。

 

 

 

苦境に立たされるユベントス、OBキエッリーニがフロント入りか!

現地ジャーナリストのニコロ・スキーラさんによると、現在MLSのロサンゼルスFCでプレーするロボについて、数か月のうちに幹部としてユベントスに戻る可能性が浮上している模様。

 

もうすでにお気づきの方もいるかもしれませんが、「ジョルジュ・キエッリーニ思わせておいて、蓋を開けてみたら来たのは弟のクラウディオ・キエッリーニだった」と言うオチで間違いありません。

ユベントスと言うのはそう言うオチャメなクラブですから。

 

 

 

取締役会終了後、ケルビーニは辞任を申し出た。しかし… 

取締役総辞職となった後、ケルビーニは自らも辞職を申し出たものの、「アニエッリ会長に慰留された事により、チームに残る事になった」と現地では伝えられています。

 

恐らく「ラビ代を腰砕けに出来るのはチミしかおらんがなー!」って説得されたんでしょうね。知らんけど。

 

 

 

 

 

副会長職を辞任したネドベド、別職で復帰の可能性も…

昨日行われた取締役会において、辞任が決まったネドベドに関して、「副会長の座からは降りるものの、別職でユベントスに残る可能性がある」とGazzettaが報じております。

 

『ラビ代をあはーんて言わせる大臣』とかに就任したら、それなりに活躍すると思うんですけどね。

現役時代も凄いマグナム決めてたんで。

 

 

えっ、マグナム???

 

 

 

(激震!)ユベントスが取締役全員の辞任を発表。新体制にデル・ピエーロの名前が…?

朝起きたらびっくらポンだったのですが、11月28日に行われた臨時取締役会において、アッリバベーネ、アンドレア・アニェッリ、そしてネドベドを含む全取締役が辞任した事が判明しました。

この後の事はまだ何も発表にはなっていないものの、シーズン途中での総辞任と言う事で、チームに対してネガティブな影響が出ない事を願うばかりであります。

 

そして早速、TuttoMercatoWebは「名誉会長にアレッサンドロ・デル・ピエーロを招聘するのではないか」とも報道しており、それはそれでオールドユベンティーニにとっては、胸が高まるものがあるのも事実であります(それはそれ、これはこれ、的な感じでね)。

 

ちなみに月ユベでのデル・ピエーロの愛称は「若大将」。

ここはテストに出るから、必ず覚えておいて下さい。

 

 

 

ユベントス退団が噂されるマッケニー、スパーズが獲得に本腰か!

早ければ冬のマーケットで放出が噂される池崎に関して、プレミアのスパーズが獲得を真剣に考えている模様。

 

池崎のプレー自体はプレミアでもフィットすると思うのですが、問題はイギリスが「ポテト&ナゲット」ではなく、「ポテト&チップス」の国だと言う事でしょうね。

 

 

いえぇぇぇぇぇえええええい!

 

 

 

 

ユベントスの若き才能ラノッキア、冬にモンツァからクレモネーゼに移籍か!

ユベントスからモンツァにローン移籍しているラノッキアですが、冬のマーケットでクレモネーゼに再ローンとなる可能性が浮上して来た模様。

 

モンツァではあまり出番がなかったですからね。

ただ、移籍先のクレモネーゼは現在18位と沈んでいるので、ラノッキアが「下位のクレモネーゼには行きたくネーゼ」なんて口にしない事を願います。

 

 

 

ユベントス期待の新鋭ミレッティ「ボクはただユベントスの為に戦っている」

昨日行われたナンジャラカンジャラと言う会合での、アニェッリのタカシに関するコメント。

 

「昨シーズン、ミレッティはプリマベーラ、U23、そしてトップチームの試合に出場しました。そこで私は『キミはどんな事を成し遂げているか認識しているかい?』と尋ねた所、ミレッティからは『ボクは7歳の頃からユベントスでプレーしています。常に白と黒のユニフォームに袖を通す事に喜びを覚え、そしてチームの為に戦うだけです。』と言う回答が返ってきました。」

 

明日からキャプテンマークをタカシに渡しましょう。

うん、そーしよー、そーしよー。

 

 

 

リハビリに励むポグバ、痛めた膝の回復は順調! 医師が掛ける言葉は…

アメリカでリハビリ兼バカンスを過ごしているピコ太郎ですが、順調に回復しており、来週ピッツバーグのフォルカー・ムサール教授の診察を受ける事になっている模様。

 

診察ではフォルカーさんがピコ太郎に対して、「良くなってきているので、あと少しフォルカー、ピコちゃん!」とか言って励ましてくれるのかもしれませんね。知らんけど。

 

 

 

若手の成長著しいユベントス、アメリカ代表の19歳MFに注目か! 

今シーズンは若手がぶいぶい言わせているユベントスですが、アメリカ代表の19歳MF「ユヌス・ムサ」に注目しており、先日行われた『アメリカ代表 対 イングランド代表』の一戦にスカウトを派遣した模様。

 

スカウト陣も「頭にポップコーンが付いていないか」を先ずはチェックしたんじゃないかと思います。

 

 

 

ブラジル代表合流中のダニーロが負傷!離脱期間は…

セルビア代表戦でスタメンフル出場を果たしたオジーロですが、その後、足首の負傷が発覚。グループステージ残り2試合(スイス戦、カメルーン戦)の欠場が確定となり、復帰は早くて決勝トーナメント1回戦となる事が現地から伝えられております。

 

取りあえず大事に至らず何より。

あとは決勝トーナメントまでの間にしっかりとキャバビリを行って、怪我を完治させて頂きたいと存じます。

 

 

 

フランクフルトにローン移籍中のペッレグリーニ、シーズン終了後にユベントス帰還へ

フランクフルトにレンタル中のチャラ男ですが、Gazzettaによると「フランクフルトでフィットする事が出来ずに、シーズン終了後にユベントスに戻って来る」との事。

 

もともと買取オプションが付いているかどうかも発表されておりませんが、戻って来たならばファジョリーと共に「JUVEXIT」を結成して、チャラまくって頂こうと思います。

 

 

 

 

エンポリにローン中のピアッツァ、1月に契約解除の可能性が浮上

現在エンポリに、って優香、ずっとどっかしらにレンタル中のマル子・ピアッツァですが、1月にエンポリとのローン契約が解除される可能性が出てきた模様。

 

これにより、またローン先を探す事になりますが、ヒロシにしても「まーる子、お前も27歳になったし、そろそろ落ち着く先を見つけないとなぁ」な心境だと思います。

 

 

 

モンツァでプレーするラノッキア、冬にクレモネーゼかサレルニターナに再ローンで移籍か!

今シーズン、ユベントスからモンツァにローン移籍したラノッキアですが、冬のマーケットでクレモネーゼかサレルニターナへ再度ローンで移る可能性が浮上している模様。

今シーズンは公式戦8試合の出場でスタメンはわずかに5。

このパターンだと経験を積む事が出来ずに、ローンについても「青春片道切符」となる可能性もあり。

移籍したならば、がんばりんしゃい。

 

 

 

W杯1ゴール・1アシストのラビオ「ユベントスとの契約更新については…」

ワールドカップでの活躍により、ファンから「世界にラビオの存在がバレてしまう」と言われているラビちゃんが、ユベントスとの今後についてコメント。

 

「ユベントスとの契約更新について?それはまだ分かりませんし、そのタイミングではないでしょう。」

「いま披露しているパフォーマンスは、例え私がどこに行ったとしても役に立つでしょうし、ユベントスとの話を進める上でも同じです。」

「現在はワールドカップに集中しています。」

 

今回のワールドカップでラビちゃんが注目される事は間違いありませんが、それと同時に世界にラビ代の存在もバレて欲しいと思っています。

誰もあの強烈なオバハンと絡みたくないから、獲得レースから撤退するでしょうから。

 

 

 

いや、そこは囲わずに…

Gazzettaによると、ヒロシはシーズン後半に掛けてガッツさんの成長を助けたいと考えており、ガッツさんに届いたオファーについて、「You、全て断っちゃいなさいよ」とフロント陣に指示している模様。

 

いや、普通にローンで半年間出した方が経験値が積まれる可能性がある気がするんですが…。

 

 

 

気付かなかったわ

代理人であるカステルヌオーヴォが出来杉くんについてコメント

 

「マヌエルはユベントスにとって重要な選手であり、クラブは常に彼を高く評価してきました。」

「彼は長年にわたって成長してきます。」

「契約について?マヌエルがユーベの将来の計画に含まれていることを知っています。これは我々にとって誇りです。」

 

今更気づいたんですが、出来杉くんは2年ローンの2年目なので、まだ身分はレンタルでした。

だから、平気でシズカちゃんの入浴シーンを覗いたりするんですね。

これが正規メンバーだったら大問題ですわ。

 

+αの出会いが叶うマッチングアプリ【paters】

 

 

ミリサビ

2024年6月でラツィオとの契約が満了となるミリンコビッチ=サビッチですが、ラツィオ側が4000万ユーロから5000万ユーロの契約解除条項を付随して来た場合のみ、チームに感謝の念を持って更新する構えがあると、伝えられている模様。

 

「そしたらユベントスが5000万ユーロをご用意して、お持ち帰りになりますよね」って流れのニュースなんですが、編集長的には「そしたらプレミアのチームが5000万ユーロの解除金と、1000万ユーロの年俸を提示して連れ去りますよね?」でございます。

 

+αの出会いが叶うマッチングアプリ【paters】

 

 

早めに

センターバックの補強を進めたいユベントスですが、ザルツブルクに所属する21歳のセルビア人センターバック「ストラヒニャ・パブロヴィッチ」に注目している模様。

 

なかなかの有望株って事なので、編集長的には「風邪の時は早めのパブロン、センターバックについては早めのパブロヴィッチ」と提言したい所でございます。

 

 

 

そう口にしたくなる気持ちは分かる

Corriere dello sportによると、フランス代表から漏れたピコ太郎は、現在、家族同伴の上にマイアミでリハビリに励んでおり、そこに「ユベントスのメディカルスタッフが帯同している」と伝えております。

 

このネタ元となるTwitterには、ファンから「With family yeah…. リハビリか?バケーションか?」と言うレスが付けられていますが、しかもメディカルスタッフも付いてくるとなれば「ファンとしてもそんな事を口にしたくなるぜyeah」でございます。

 

 

 

縛るよ

折り返し前にしてモリモリ盛り返しているヒロシですが、現地La Repubblicaはそんなの関係ないらしく「アッレグリが退任した場合、後任候補にスパレッティの名前が挙がってふみたいだよん」と報じてるみたいだよん。

ユベントス指揮官は「イタリア人縛り」から「ハゲ頭縛り」に移行するかもしれませんね。

 

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン格安卸売通販サイト[e-fitpro]

 

 

あの恩を忘れた訳ではあるまい

モウリーニョさんと関係が終わってる、と伝えられているローマのカルスドルプですが、本日のトレーニングには姿を現さなかったようで、冬のマーケットでの移籍も現実味を帯びて来た模様。

 

ちなみにカルスドルプに注目しているのはユベントスとマルセイユ。

そろそろゼビナを抱えた恩を返してもらいましょうかね。

 

+αの出会いが叶うマッチングアプリ【paters】

 

 

 

デ・ウィンターの事ね

今シーズン、子供のチームから大人のチームにステップアップしたカーくんに関して、ユベントスは経験を積ませる為に冬のマーケットでローン移籍させる事を検討している模様。

 

移籍先の最有力候補に挙がっているのはエンポリのようですが、エンポリではトータルテンボス藤田もお世話になっているので、環境としては悪くないかと。

 

 

 

安泰はピンのみ

コブタン(32)とペ神(30)の年齢を鑑みると、次世代のGKに目をやる必要があるユベントスですが、イタリアU-21のキャプテンを務めるカルセネッリ(22)に注目している模様。※保有権はアタランタで今シーズンはレンタルでクレモネーゼでプレー。

 

最近ではエンポリのヴィカーリオの名前なんかも出ていますが、何にしてもユベントスGK陣で安泰なのはピンちゃんのみですな。

まぁ「レジェンド枠」なんで。

 

+αの出会いが叶うマッチングアプリ【paters】

 

 

こっちの身にもなれ

今シーズン限りで契約満了となるケンちゃんについて、ユベントスは「冬に放出して現金化しちゃおっかなー」なんて考えが浮かんできている模様。

 

ポヌオ、揉太郎、ガッツさんと共に残される我々ファンの身にもなってくれ。

 


 

来たぞ来たぞ

シーズン折り返しを前に暴れん坊将軍になっているアラレに関しての、コメントをふたつ程。

 

・Fabrizio Romano「ユベントスはエバートンからモイズ・キーンを完全移籍で獲得するだろう。」

・ラファエラ・ピメンタ(キーン代理人)「モイズはチームで非常に良くやっています。将来のユベントスを背負って立つ選手になるでしょう。」

 

完全に『荒ラレモード』に入りましたね。

 

んちゃ!

 

+αの出会いが叶うマッチングアプリ【paters】

 

 

フラフラしやがって

Gazzettaによると、サッスオーロに所属するフラッテーシの代理人は、声が掛かっているビッグクラブとは会合の場を持っており、いかなるチームへの移籍の可能性も排除できない状況との事。

 

まだまだ先の事は分かりませんが、とりあえず「フラッテーシ」なのか「フラッテージ」なのか「フラッテシ」なのかハッキリして頂きたい所。

こちとら愛称の準備もままなりませんわ。

 

 

 

鈴木雅之

チェルシーとの契約を18ヶ月残しているメイソン・マウントですが、現在の給与ではご満足行っていないようで、現地では「移籍希望中」なんて噂も挙がっている模様。

 

そのマウントに関してはユベントスとチェルシーが目を付けているようですが、チェルシーを離れる理由が年俸であるのならば、ユベントスが名乗りを挙げるのは「違う違う、そうじゃ、そうじゃなーい」だと思います。

そんな金ないっしょ。

 

+αの出会いが叶うマッチングアプリ【paters】

 

 

抜けがけ

フランクフルトにレンタル移籍中のチャラ男が、どこかのインタビューでチョリースしたようなので、その一部をご紹介します。

 

「フランクフルトでは経験を積んでいるという実感がありますし、チームが上手くいっている事が助けになっています。」

「イタリアに比べて食べ物から食事の時間まで文化や習慣が異なり、そしてファンは90分間応援を止める事はありません。」

「我々はまだ改善の余地があります。」

「(CLで戦う)ナポリは非常に強いチームを構築していますが、サッカーは何が起こるか分からないスポーツなのです。」

 

ひとりだけCL残ってるんだ。

 

ふーん。

 

へー。

 

 

 

ちょっと待って

今シーズン、怪我に泣かされているチェルシーのカンテについて、La Repubblicaは「2023年6月までの契約満了を待たずに、冬野マーケットで移籍するんじゃないか」と報道。

そして、ユベントスとインテルが乗り気だとも伝えておりますが、そもそもユベントスにポジションの空きは無いので「その話、ちょっとカンテ」でございます。

 

「カンテ」と「待って」で韻を踏んだつもりだったんですが、さすがにこれは無理があったか…。

 

 

 

歓迎しますんで

1ヶ月半のブレイクに入っているユベントスですが、12月頭にマルタでインテルとのフレンドリーマッチ開催を予定している模様。

 

近場で済ませずに、ジャポンに来なさいよ、ジャポンに。

 

 

 

ファイヤー!

CLグループステージ1勝5敗ながらも、ラッキーチャチャチャうーっ!でELに回ったユベントスですが、プレーオフで対戦するナントに関して「EL第5節のカラバフ戦で発煙筒がファイヤーしちゃったんで、次のホームではクルバは入場禁止だっちゃ!」と、UEFAから制裁措置がナントに届いた模様。

 

まぁ、圧が少ないに越した事はないっちゃ。

 

●●● 買い物するなら楽天市場 ●●●

 

 

ほどほどにね

コンティナッサでW杯に向けてキャンプを張っているブラジル代表ですが、そのメンバーの一員であるオジーロがケンちゃんについてコメントしたようです。

 

「サンドロと私は2010年以来の友人であり、私がレアル・マドリーでプレーしていた時に、ここトリノでサンドロを尋ねました。」

「彼のような友人とW杯で一緒にプレーできる事は素晴らしい事です。」

「私の故郷と言えるトリノで母国のキャンプを張る事ができるのは誇りであり、そして喜びであります。」

 

知り得ている土地なだけに、トレーニング後にチームメイトをキャバクラに誘い出すんじゃないかと心配でなりません。

誘うなら好きそうな選手数名に留めておいて下さい。

 

 

 

DoTei

冬のマーケットで「動くかな、動くかな、はてはてホホー(はてホホー)」 と注目されるユベントスですが、ボローニャにレンタル中のカンビアゾを呼び戻す可能性が浮上している模様。

 

左サイドバック並びに、ミノルが抜けた童貞枠を埋めてくれるとの期待が高まりますな。

 

+αの出会いが叶うマッチングアプリ【paters】

 

 

ダメな理由

現在、右大腿部を痛めて戦列を離れる池崎について、「ユベントスは冬のマーケットに、2100万ユーロの値札を付けてマッケニーに並べる」とTuttoMercatoWebは伝えているようです。

 

確かにファジョリーとタカシの台頭もありますが、こんな面白い選手を放出したら、ダメェぇぇぇぇええええええ!ですね。

 

 

 

 

やめときんしゃい

Gazzettaによると、W杯後、ヒロシは4-2-3-1システムを採用してワントップにキンタ、その下にキー坊を縦関係に並べ、両ワイドには右にラーメン、左にゴルゴを配置。ツーボランチにはピコ太郎、出木杉くん、ラビちゃん、若頭の中から2人をチョイスする形をベースにすると伝えられているようです。

 

勝ってるチームはイジっちゃいかん。

って優香、サイドバックいないでしょーに。

 

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン格安卸売通販サイト[e-fitpro]

 

 

完全に調子に乗ってる

ホームに難敵ラツィオを迎えたユベントスですが、アラレのキャンタマ砲2発とウッディのヒハ砲で3対0の勝利を収めて、国内リーグ6連勝となりました。

 

もう負ける気がしない!

 

 

いや

 

 

 

 

勝つ気しかしないね!

 

 

いぇい!

 

 

 

Gazzetta ラツィオ戦スタメン予想

【3-5-2】

GK:スチェスニー
DF:ブレーメル、ボヌッチ、ダニーロ
MF:クアドラード、ファジョーリ、ロカテッリ、ラビオ、コスティッチ
FW:ミリク、ディ・マリア

 

今朝時点からの変更点は、アラレoutでラーメンin。

W杯前の景気付けの肘打ち一発が、見られるかもしれませんね。

 

アチョーーー!

 

+αの出会いが叶うマッチングアプリ【paters】

 

 

不憫でなりません

今シーズン限りでユベントスとの契約が満了となる事から、ヨーロッパのビッグクラブも注目していると言われるラビ彦に関して、ラビヒコサイドはユベントスに対して「年俸1000万ユーロ用意してくれたら更新するよん」と伝えてきた模様。

 

厳密に言えば「ラビ彦サイド」ではなく「ラビ代の単独突破」なんですけどね。

その辺についてはラビちゃんは本当に損していると思います。

 

 

 

 

特盛で

今シーズン限りでユベントス退団が噂されるクアマンですが、現地ジャーナリストのMatteo Morettoさんによると「わずかながらに契約更新の可能性を残している」との事。

 

ぶっちゃけ、先日のエラス戦を見てもまだまだやれるし、切り札的な起用ならアリよりのアリなのよね。

取りあえずラツィオ戦で壮大に宇宙を開発すれば、そのスケールの大きさにユベントス幹部陣も考え方を改める可能性があるので、出来るだけ大きい開発よろしく。

 

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン格安卸売通販サイト[e-fitpro]

 

もちろん知らない選手だす

サイドバックの新旧交代を進めたいユベントスですが、レアル・マドリー所属の右サイドバック「アルバロ・オドリオソラ」に注目している模様。

ちなみに今シーズンはレアルで出場ゼロって事もあり、選手本人もユベントスからのお誘いに心が揺れているとか何とか。

 

編集長としては「スペイン人で名前がアルバロ」って所が気になりますね。ネタ系選手でしょうか…。

 

▼▼▼ 全国旅行支援なら楽天トラベル ▼▼▼

 

匂うね

現地ではミリンコビッチ=サビッチ兄弟の代理人であるケジュマンがトリノ入りすると伝えられており、本線はトリノでプレーする弟のミリサビの契約についてのようですが、Gazzettaは「ラツィオとの契約更新が暗礁に乗り上げている兄ちゃんをユベントスが狙ってるよね」と、匂わせっぷり満タンな事を書いている模様。

 

「蓋を開いてみたら弟の方がユベントスに来た」、こっちの方がネタ的にはオモロいけどね。

 

▼▼▼ 全国旅行支援なら楽天トラベル ▼▼▼

 

話題にあげて

イタリアのSKYがラツィオ戦に向けたユベントスについて、あれやこれやと。

 

  • ヴラホビッチがプレーできるかは分からない。
  • キエーザはベンチには入る。
  • サンドロは出場停止。
  • ツートップはミリクとキーン。
  • ミレッティとパレデスがスタメンを争う。

 

一時の「スタメンが組めないくらい怪我人ワッショイ」に比べればまだマシですが、何にしてもユッティの「ユ」の字が出てこないのは気になります。

 

って優香、ユッティどこに行った?

 

 

 

 

気合と根性で8割の事は何とかなる

今シーズン、いまだ5試合の出場に留まるガッツさんに関して、ユベントスは冬のマーケットでレンタルでは出さずに、そのままチームに帯同させる事を決めた模様。

 

現在、センターバック陣の序列は「ラガー刑事とそれ以外のひと」みたいな感じになってるので、気合と根性で2番手くらいには名乗り出て欲しいと願う所です。

 

 

4位だってさ

エラス・ヴェローナとのアウェイ戦に臨んだユベントスですが、苦しみに苦しみながらもアラレのゴールを守り切り1-0で勝利。ラツィオがまだ試合を終えていないので正確な順位ではないものの、とりあえず今節終えて「4位以上」は確定となっています。

 

この「苦しんだ上での勝利」はチームにとって大きな自信になる事を間違いありません。

 

ちなみに「苦しまされた相手」には、エラス・ヴェローナと共に、『レオナルド・ボヌッチ』の名前も挙げさせて頂きます。

いや、あのPKの判定は、お父さんMajiでチビるかと思ったわ…。

 

 

ポヌオ!!!

 

 

 

 

ムラッツィなだけに

現地ジャーナリストのGiovanni Albaneseさんによると、ユベントスは今シーズン限りで契約が満了となる小僧系選手の中で、イーリングとムラッツィ両選手との更新について順調に進んでおり、「もんだいないさーーー(大西ライオン風に)」も間近となっている模様。

 

ちなみにムラッツィはJuventus Genに所属する19歳の右サイドバック。

若さゆえにAチーム昇格に向けてムラムラしてそうですね。

 

 

 

 

いま、どちらに?

Gazzettaによると、ユベントスは今シーズン限りで契約満了となるケンちゃんに対して、延長の提示をしない事を決めた模様。

 

左サイドバックに誰かアテがあるんですよね?

さすがにユッティ頼みはリスクが高すぎますわ。

 

 

って優香、ユッティどこ行った?

 

 

荒ラレ

国内リーグ4連勝中のユベントスですが、次節エラス・ヴェローナ戦ではラーメン師匠を先発で起用し、その相棒に怪我から復帰したばかりのアラレを配置する可能性が出ている模様。

 

機能するイメージが全く浮かばないのは編集長だけでしょうか。

 

 

注目して

ブラジル代表監督のチッチが、ブラジル代表メンバーに名を連ねたラガー刑事に関してコメントを寄せたようです。

 

「ブレーメルはトリノ、そしてユベントスでの活躍により、ワールドカップメンバーに招集される事になりました。」

「もっと早い段階で注目すべきだったのかもしれません。」

「彼は非常に質の高いプレーヤーだと言えるでしょう。」

 

インテル戦の前半には、「怪我して倒れ込んだと思ったら、その後も普通にプレーを続ける(しかも試合終了まで)」って言う技も身に付けて来たので、今後更に注目する必要があると思います。

何が飛び出て来るか分かりませんので。

 

 

 

 

まさに「漏れなく」

現地Gazzettaによると、今シーズン限りで契約満了となるラビ彦について、プレミアのリバプールが注目している模様。

 

とりあえず取扱説明書を読む所からですね。

「強烈なオバハンが漏れなく付いてきます」と書いてあるんですけど、今シーズン開幕前のユナイテッドといい、そこを見落とすチームが多いんですよね。

 

 

おめ!

カタールワールドカップに臨むブラジル代表26選手が発表され、ユベントスからはお馴染みのオジーロ、ケンちゃんと共に、ラガー刑事が選出。

セレソンの一員として、ワールドカップに参戦する事になりました。

 

カタールはラグビーが全く盛んではないようなので、現地の人に「モノホンの腰から下タックル」を披露して頂きたいと存じます。

 

 

 

 

マルちゃん

元ユベントスの王子であるマルキジオが、国内リーグ4連勝を飾ったチームにコメントを寄せました。

 

「ユベントスは国内リーグで4試合連続クリーンシートを達成しました。それはメンタルとフィジカルの両面で成長している事を証明しています」

「この継続性があれば、ユベントスはスランプから脱するはずです」

「1月には怪我人が戻って来ます。チームにとって重要なタイミングとなるでしょう」

 

比較的優等生発言の多いマルキジオですが、たまには「坊主次第」とかパンチのあるコメントも欲しいですね。

 

 

再発が怖いしね

年内も残り2試合となったユベントスですが、現地Gazzettaによると、「キエーザとディ・マリアが戻って来たので、ヴラホビッチについては無理をさせない可能性が出てきたよん」との事。

 

「ウッディ&タカシ」でも「ウッディ&ラーメン」でも十分戦えると思うので、とりあえずブラブラソーセージが安定するまでは、無理しなくても良いかもですね。

 

 

団結よろ

インテル戦で貴重な先制ゴールを挙げたラビ彦の試合後コメント。

 

「我々は一致団結しており、これまで困難な時期もありましたが、解決に向けて全員で取り組んでいます」

「ロッカールームでは一体感を感じる事が出来ます」

「全員がチームのために戦っており、諦めない気持ちが前面に出ていると言えるでしょう」

 

この勢いこのままに、ラビ代も巻き込んで一致団結に契約更新よろ。

 

 

お陰様で

イタリアダービーで勝利を収めたユベントスですが、インテルとローマをブチ抜いて5位浮上となりました。

 

これで3位アタランタまでも勝ち点差わずかに2。

誠に有難うございます。

 

 

 

 

インテル戦スタメン予想最新版

Giovanni Albaneseさんによると、インテル戦ではラーメン師匠がスタメンから外れる事になった模様。

 

GK:スチェスニー
DF:ダニーロ、ブレーメル、サンドロ
MF:クアドラード、ファジョーリ、ロカテッリ、ラビオ、コスティッチ
TS:ミレッティ
FW:ミリク

 

しつこいようですが、トップ下は「Top Shita」でTS表記になります。

ヒロシもスタメン発表する際に「トップーシタ」と言ってました。知らんけど。

 

 

あなたがそう言うなら

元ユベントスのマンジュキッチが、Gazzettaを通してアッレグリについてコメントしたようです。

 

「私はアッレグリを信じています。」

「ユベントスには素晴らしい選手が揃っており、これから十分に巻き返す事が出来るでしょう」

 

布袋・マンジュキッチさんが言うならそうなんでしょう。編集長も信じますわ。

 

 

 

 

ラッキーBoy

レッチェ戦で決勝ゴールを挙げ、PSG戦でも存在感を示したファジョリーですが、今週末のインテル戦でもスタメンに名を連ねる可能性が高まっている模様。

 

ファジョリーには「ラッキーボーイ」になって、チームにツキも与えて欲しいですね。

こちらは「ハッピーボーイ」ですが、これぐらいの勢いは見せて欲しいものです。

 

 

椅子取りゲーム

怪我人特盛の中、突如としてユベチル加入を果たしたイリングに関して、契約が今シーズン限りと言う事で、ライプッイヒやフランクフルトと言ったブンデスのチームが目を光らせている模様。

 

モチのロン、ユベントスは契約更新に取り組んでいますが、その中でイリングの代理人は「トップチームに帯同し続ける事」を条件に挙げているとかなんとか。

とりあえず、ユッティか揉太郎を島流しにして、トップチームの枠をひとつ空けておく事をおススメします。

 

 

DNAベイスターズ

PSG戦では現地各紙の採点で軒並み高評価を受けた出木杉くんが、低学年のタカシとファジョリーについてコメントしたようです。

 

「ミレッティとファジョーリは非常にクレバーな選手です。」

「私はこの2人にアドバイスを送る事もありますが、理解力に優れています。」

「彼らはユベントスのDNAを身に付けていると言えるでしょう。」

 

今後エロに関して、盛りのついた小僧たちに余計なことを教えるんじゃないかと心配です。

出来杉くん、何気にムッツリなので。

 

 

連ファジョ

コリエレ・デロ・スポルトによると、ヒロシはインテル戦に引き続き3-4-1-1を採用し、そしてPSG戦と同じメンバーで臨む事を考えているようで、「ラビオがいれば、ファジョーリとミレッティは大丈夫」と考えている模様。

そのラビ彦にしてもラビ代ママがいないと何も決められないんですけどね。

 

 

 

 

過程なんてなんでもいい

PSG戦を1対2で敗れたユベントスですが、ベンフィカがマッカビ・ハイファ相手に6-1でファイヤーした事により、ヨーロッパ・リーグ進出が決まりました。

 

ユベントスはグループステージ1勝5敗となり、3位になった全8チームのうち、最低勝ち点でEL進出。

この結果を受けて早速、公正取引委員会が動いているとか何とか。

 

 

 

 

トップ下にミレッティ

下記、ジャーナリストのGiovanni AlbaneseさんのPSG戦スタメン予想

【3-5-2】
GK:スチェスニー
DF:ガッティ、ボヌッチ、サンドロ
MF:クアドラード、ロカテッリ、ファジョーリ、ラビオ、コスティッチ
TS:ミレッティ
FW:ミリク

 

「TS」は「トップ下」の略です。

編集長の造語ですが、今後は世界でも共通表記になってくると思います。知らんけど。

 

 

元ユベントスだす

La Repubblicaによると、ラーメン師匠が1月にトリノを去った場合、ユベントスはボローニャのオルソリーニ獲得に向かう可能性があるとかないとか。

「それなら普通にカーくんでいいんじゃね?」て思いますけどね。

ちなみに出場記録はないものの、オルソリーニは2017-19までユベントスが保有権を持っていた選手。

出戻りになるので、ポヌッチが‘’ありがた迷惑‘’にアドバイスに名乗り出るなんて噂も出ておりますが。

 

 

 

 

年明けにはピコ太郎も戻るし

レッチェ戦のゴールで一気に期待が高まったファジョリーについて、ユベントスは出場機会を増やす為に、1月のマーケットでレンタル移籍させる事を考えている模様。

 

まぁ、この後ユーベでコンスタントにチョリすれるとは限らないので、長い目で見れば賢明な判断ちゃー判断だと思います。

 

 

動詞としても使えるらしい

今シーズン開幕前にユベントスに戻りながら、いまだピッチにはポグバック出来ていないピコ太郎ですが、11月に開幕するワールドカップにはピコれない可能性が高まってきた模様。

まぁ、しゃーないもんはしゃーないので、しっかりピコディションを整えて、リーグ戦再開に臨んで欲しいと願います。

 

 

 

待つわ

絶賛怪我人大祭り中のユベントスですが、Gazzettaによると、監督のヒロシはインテル戦でラーメン師匠が復帰する事を待ち望んでいる模様。

 

強敵相手になりますが、左肘一撃で倒してほしいですね!

 

 

過労

ワールドカップブレイク前の復帰を目指してトレーニングに励んでいたピコ太郎ですが、無理がたたったのか大腿部に新たな問題が発生した為に、10日間のトレーニング停止が言い渡された模様。

 

ピコ太郎がピコ過労って事ですね。

お大事に…。

 

 

まだまだ続くよどこまでも

怪我人大祭りが終わりを見せないユベントスですが、イリングに続きマッケニーが大腿直筋の負傷により15日間離脱する事が判明。

 

もうお祓いだけでは足りなさそうなので、チームで神社に住み込んだ方がよろしいのではないかと。



(記事終わり)





【ユベントス写真館】

器械体操かいっ!

【注目のユベらじ】


【最近の記事】

Thumbnail of new posts 082

: オピニオン

【Opinion】デル・ピエーロとトレセゲ、ユベントスの危機にこの2人は戻ってくるのか!

    【JuveFC.com】 ダビド・トレセゲとアレッサ ...
Thumbnail of new posts 048

: テキストNEWS

【テキスト遅報】UEFAがユベントスに対する制裁措置を検討か!ヨーロッパのカップ戦には…

テキスト遅報       UEFAがユベントスに対 ...
Thumbnail of new posts 169

: オピニオン

【Opinion】今シーズン限りでレアル・マドリーとの契約満了のアセンシオに、ユベントスが注目か!

    【JuveFC.com】 ユベントスは、レアル・マド ...
Thumbnail of new posts 144

: オピニオン

【Opinion】いまだW杯ノーゴールのヴラホビッチ、決勝T進出を懸けたスイス戦の出場は…

    【JuveFC.com】 ドゥサン・ブラホビッチは、 ...
Thumbnail of new posts 130

: オピニオン

【Opinion】‘’ユベントスの伝説‘’デル・ピエーロ、復帰に向けてカウントダウンか!

    【La Stampa】 イタリアのメディアはこぞって ...
Thumbnail of new posts 125

: オピニオン

【Opinion】激動のユベントス、アッレグリとケルビーニが選手達に対してとった行動は…

    【JuveFC.com】 マックス・アッレグリとフェ ...