【ヘッドライン】ユベントス、ブッフォン移籍の際は、サンプドリアのアウデロを獲得か!

2021年4月

【最新のJuveTube📻】ジェノア戦振り返り

4月13日

ユベントス、ブッフォン移籍の際は、サンプドリアのアウデロを獲得か!

コッパ決勝が松野さんのラストパンツになるのだろうか。。。

Marco Conterio

ブッフォンの将来については、ユベントスに残るか、移籍するか、それとも引退するか、まだ何も決まっていません。しかしチームはすでに後釜探しに動いており、サンプドリアの‘’エミル・アウデロ‘’の可能性を探っています。

 

アウデロって、志垣太郎に似てますよね。

 


 

Momblano:「ピルロ続投の可能性は29.9%」

イタリアにも色々なジャーナリストがいるけど、このMomblanoさんの信憑性ってどんなもんですかね?

Momblano

来シーズンもピルロがユベントスを指揮する確率は、「29.9%」だと私は考えている。

 

恐らくオンライン討論会か何かでの発言のようで、その前後に何か根拠を口にしたか分からないのですが、この「29.9」と言う半端な数字がどこから算出されているのか気になりますね。もしかしたら『肉キュー』かもしれませんが、イタリア語で肉は「carne」って言うみたいですから、そんな訳はありませんね。

えぇ、そんな訳はありませんよ。

 


 

4月12日

ユベントス、センターバックの補強にバイエルンの‘’ボアテング‘’をリストアップか!

ロボの去就がハッキリせず、そしてアバラル君にも移籍の噂。まぁ、そー言う流れになりますよね。

BILD

ユベントスは来シーズンに向けて、バイエルンの『ジェローム・ボアテング』をリストアップするかもしれない。選手は今シーズン終了後、トランファーフリーとなる。

 

ボアテングって、『ブラザー・トム』に似てませんか?

 

 


 

(Goal Italia)ジェノア戦 採点

  • 6.5:スチェスニー、ダニーロ、クルゼフスキ、マッケニー、ラビオ、モラタ
  • 6.0:クアドラード、ベンタンクール、キエーザ、ディバラ
  • 5.5:サンドロ、キエッリーニ、ロナウド
  • 5.0:デ・リフト
  • s.v.:ラムジー、アルトゥール

 

ミノル、スネ夫、そして池崎と、ゴールを挙げた3選手はチーム最高となる6.5。前半のうちに2ハンド、1イエローでハンドラードになったクアマンは良い動きを見せていたものの6.0で平均点。スカマッカのゴールに関与してしまったフトシは珍しくチーム最低となる5.0。恐らく小さくなっていると思うので、デリフ子ちゃんに優しくしてもらってブットシになって下さい。

 


 

4月11日

(Corriere)ユベントスの放出候補となるのはこの6選手

『腹が減っては戦はできぬ』『金が無ければ補強はできぬ』と言った所でしょうか。

Corriere dello sport

ユベントスは今年の6月までに1億ユーロを捻出する必要があり、下記の6選手をマーケットに出す事になるだろう。

  • デミラル
  • サンドロ
  • ラビオ
  • ラムジー
  • ベルナルデスキ
  • マッケニー

 

ぶっちゃけ、誰が目にしても「えっ、マッケニーも?」て思うでしょうが、何があってもおかしくないのがユベントス。

一昔前なら『シャビ・アロンソが来ると思って蓋を開けたらポウルセンだった事件』、最近なら『家出した坊主がシレっと翌シーズン戻ってきた事件』が挙げられると思います。油断は出来ませんよ。

 


 

(SKY)ジェノア戦スタメン予想

前日会見ではコブタンとロボのスタメン起用を明言しましたが、キュンとアバラル君については「準備が必要」とベンチスタートを匂わせております。怪我明け、コロナ明けと言う事で大きな心配は不要だとは思いますが、月ユベとしてはアバラル君の十八番となっている『イジケ』が炸裂するかどうかにも注目したいと思います。

 


 

4月10日

(Tutto Sport)ユベントスが生み出す三角関係

なんと言う三角形だ!レアルはエムバペに猛プッシュを掛ける。もしフランス人アタッカーがチームを去った場合、PSGはロナウドをターゲットにしてイカルディを差し出す。しかし、CR7はトリノからは離れたくはない。

 

テーブルに差し出すと言うか、テーブルにケツ乗っけてヨメルディが交渉に乗り出してくるんですよね。って優香、キーちゃんに関してはトリノから離れたくないなら居させてあげればいいじゃない。ただ、ちょっと年俸の値引きには応じろ下さいね。

 


 

(Gazzetta)ユベントス、イタリア人選手への転換。ロカテッリに加えてロベッラも今夏に!?

ユベントスはイタリア人選手に転換か。今シーズン終了後、ロカテッリ獲得と同時に、来夏加入予定のロベッラも!?

 

イタリア語から日本語への翻訳に苦戦したのですが(最初は間違った訳を掲載しちゃいました、てへっ)、r4lxさんのお力添えにより上記の通り訳す事ができました。感謝!完全に他力本願スタイルになっておりますが、それが月ユベ、それも月ユベ。

現地からの情報は、安心のr4lxさんのTwitterが超絶オススメ!

 


 

4月9日

(Corriere)ジェノア戦、ディバラがスタメンへ

ユベントスの宝石が帰って来た!隣にはロナウドがいる。アルゼンチン人ストライカーは、次のジェノア戦でスタメン起用。ピルロはモラタをベンチに置く事を決意。ディバラの契約更新ももうすぐ。

 

ジェノア戦で「ロナウド&ディバラ」のスタメン起用となったとしても、普通にキーちゃんが右に、キュンが左に散歩に出てしまい、真ん中ポッカリスエットになりそうな気がするのは編集長だけでしょうか…

 


 

Romeo Agresti:「モラタは来シーズンもユベントスに留まると思う」

4500万ユーロを払って買い取りか、それとも1000万ユーロでレンタル延長か、はたまた契約満了か。金額が金額なだけに非常に難しい選択肢ではありますが。

Romeo Agresti

私の考えではあるが、最終的にモラタはユベントスに残ると予想している。もし彼がチームを離れた場合、また大金を払ってストライカーを連れて来る必要があり、現在の財政状況を鑑みると、それは難しいかもしれない。

 

今シーズン前半戦で無双した時と、髪の毛を短髪にした時は「スネ夫のくせに生意気だぞぉ!」って思ったけど、最近はそこそこの活躍なんで、編集長的には残留には大賛成でございます。まだまだ鋭いヒールキックも見たいしね。

 


 

4月8日

TuttoSport:「ベルナルデスキとロマニョーリの交換トレードは成立しないだろう」

こうなったらゴローは「小五郎の魔改造待ち」ですな。

TuttoSport

ミランはベルナルデスキに興味を示しておらず、それには幾つかの理由が挙げられる。そのうちの1つには「年俸格差」が挙げられ、ベルナルデスキの方がロマニョーリより高給である。そしてミランとユベントスの両チームはキャピタルゲインを生み出さなくてはならない。

 

軽く調べただけですが、ゴローの年俸が400万ユーロでロマニョーリが350万ユーロ。あんまり変わらない気もするんですけど、大人の世界は色々とあるんでしょうな。

ちなみにミランのマルディーニの息子(19)の年俸が30万ユーロでピンちゃん(40)と同額でした。生意気ですね。

 


 

(Goal Italia)ナポリ戦 採点

  • 7.5:キエーザ
  • 7.0:ブッフォン、ディバラ
  • 6.5:ダニーロ、デ・リフト、ラビオ、ロナウド
  • 6.0:サンドロ、クアドラード、ベンタンクール、モラタ、マッケニー
  • 5.5:キエッリーニ
  • s.v.:アルトゥール

 

先制点のアシストを決めるなど試合を通じてキーボーボーだったキー坊がチーム最高の7.5。追加点を挙げて世界中のQGをぶっしゃらせたキュンは7.0。終了間際にオジサン相撲大会でオシムヘンを寄り切って試合を面白くしたロボはチーム最低となる5.5となりましたが、試合を通じてみれば「良いタックルあり、適当なパスあり」で、良い働きを見せていたと思います。

 


 

4月7日

Gazzetta:「ブッフォンがチームを離れた場合、ユベントスはペリンを呼び戻すだろう」

確かにレンタルなんですけど、「それはそれでどうかな」という気もしますが。

Gazzetta

今シーズン終了後にブッフォンがチームを去った場合、ユベントスはペリン(28)を戻す事になるだろう。選手は現在ジェノアにレンタルされているが、アタランタが興味を示している。ペリンが戻らなかった場合、サンプドリアのアウデーロ(24)がターゲットになるようで、移籍金は1500万ユーロと言われている。

 

何に驚いたかって、アウデーロが24歳って事におしっこチビるほど驚きましたわ。どう見たってクアリアレッラ(38)と同級生でしょうに…。

 


 

Gazzetta:「ゴセンス獲得に向けたポールポジションにはユベントスが立っている」

計算できる左サイドは欲しいですな。

Gazzetta

ロビン・ゴセンス(26)は今シーズン終了後にアタランタを去る事になるだろう。そしてドイツ代表ミッドフィルダーは4000万ユーロのプライスタグが付くが、ユベントスが獲得に向けたポールポジションに立っているようだ。

 

たぶん、どこかに「36歳」の年齢タグも隠れていると思います。いくら何でもこの貫録で20代はサバ読みすぎですよ。

 


 

Romeo Agresti:「ユベントスとミランは、ベルナルデスキとロマニョーリの交換トレードを考えている」

Agrestiさんなんで「飛ばし」って事はないんでしょうが。

Romeo Agresti

ユベントスとミランの両チームは、ベルナルデスキとロマニョーリの交換トレードの可能性を探っている。そしてこの両選手の契約は2022年6月までとなり、残り1年を切る事になる。

 

現状のセンターバック陣も充実している所に、来シーズンはユッティと揉太郎と言う計算できないセンターバックが戻る事になります。その辺を鑑みても、ちょっと可能性は低い気はしますな。

 


 

4月6日

Romeo Agresti:「デ・リフトはバルセロナには移籍しない」

Maji寄りのMaji寄りの更にMaji寄りで頼む!

Romeo Agresti

デ・リフトはユベントスに残ります。バルセロナ移籍の噂が出ていますが、真実ではありません。彼はユベントスに満足しており、トリノでの生活を楽しんでいます。マタイス・デリフトはユベントスのプロジェクトの一部でいる事に、幸せを感じています。

 

すみません、バルセロナ移籍の話が出ていた事を知らなかったのですが。。。

 


 

期限付きで加入のモラタ、シーズン終了後にアトレティコに帰還か!

確かに『1000万ユーロ』って、レンタルフィーとしては高いっちゃ高いのよね。

Mirko Di Natale

ユベントスは経済的な理由から、モラタのレンタル延長オプションを行使しない事を考えている。モラタにはプレミアリーグのチームからオファーが届いているようだ。

 

開幕当初はゴール量産で生意気だったスネ夫ですが、シーズン終盤に差し掛かるにつれて生意気じゃない試合の方が多いのも事実。残念な気持ちもありますがレンタル料で『3ピンちゃん』を超える金額となると、チームも二の足を踏むのも理解できますな。

 


 

4月5日

ユベントス、ミランとの契約が更新されなければチャルハノール獲得に乗り出す!?

ルートコ代表なんで、あばらる君の出番ですね。

SKY

ユベントスはチャルハノールの動向を注視している。ミランとの契約は2021年6月に切れるが、もし更新されなければ、ユベントスは獲得に乗り出す可能性があるだろう。

 

ミランが2位でユベントスが4位。「オファーを出すもチャルハNoル」ってならなければいいんですけどね。えぇ、『チャルハNoル』です。

 


 

4月4日

(Goal Italia)トリノ戦 採点

  • 7.0:キエーザ
  • 6.0:デ・リフト、キエッリーニ、ベルナルデスキ、ベンタンクール、ロナウド
  • 5.5:クアドラード、ダニーロ
  • 5.0:スチェスニー、ラムジー、モラタ
  • 4.5:サンドロ
  • 4.0:クルゼフスキ
  • s.v.:ラビオ

 

試合を通じて元気ハツラツ・フェデリコンC(「C」はChiesaの「C」ね)な動きを見せたキー坊が、チーム最高となる7.0。通算3度目となるボランチ起用となり、普通にオジロールをこなしたオジーロは5.5。後半開始1分に『テッテレってコンニチワ』してしまったミノルがチーム最低となる4.0となっております。

 


 

4月3日

Sport Italia:「ディバラのインテル移籍も否定できない」

これを報じたのは現地紙です。月ユベではありません。「飛ばし」だ「クリック稼ぎだ」と言う批判があれば、イタリアの方向に向かって叫んで頂きますよう、お願い申し上げます。

Sports Italia

ディバラは今シーズン終了後にユベントスを離れる事になるが、その理由は水曜日のパーティ騒動だけが理由ではない。アルゼンチン人ストライカーはスペインでのプレーを望んでおり、しかし移籍先候補に‘’インテル‘’の名前も除外する事は出来ない。

 

このニュースを流した海外のTwitterアカウントに「バレッラと交換しよう」とリプしている外国人の方がいて、それを見て思わずイイネを押しそうになりませんでした。えぇ、俺のキュンがチームを離れるかもしれないなんてツイートにイイネなんて押しません!危うく押しそ…(文字数制限)

 


 

SKY:トリノ戦 スタメン予想

念の為にですが、月ユベのコラ画像ではありません。普通に現地のメディアが届けているスタメン予想になります。

キー坊のトップ下、吉田のボランチ、クアマンのスリーバックまでは許容範囲ですが、オジーロの右ウィングバックは合点がいかないので、ちょっと問い詰めたいと思っています。ちなみに問い詰める先はオジーロです。

まぁ、それなりに右ウィングバックもこなしちゃいそうな気もしますが。

 


 

4月2日

Romano:ユベントスはロカテッリに強い関心を示している

噂先行にはご注意下さい。

Fabrizio Romano

ユベントスはサッスオーロに所属するマヌエル・ロカテッリに対して、強い関心を示している事は間違いない。

 

これだけ報道が過熱してくると、ユベンティーニとしては「すでにユベントスの選手」くらいに思う方が出てくるかもしれませんが、『蓋を開けてみたらポウルセンだった』と言う可能性もございませんので、過度な期待は寄せない事をオススメ致します。

 


 

4月1日

イタリア代表から戻ったボヌッチに、新型コロナウィルス陽性反応が検出

ユベントス公式

イタリア代表から戻ったレオナルド・ボヌッチから、新型コロナウィルス陽性反応が検出されました。選手はすでに自宅で隔離されています。

 

こら、坊主!コロナなんかに負けずに早く戻って来いや!

逆転スクデットを決める為にも、誠に不本意ながらポヌの力が必要なんだわ!

 

 

Forza ポヌッチ!

 


 

イタリア代表がリトアニアを下し、W杯予選3連勝スタート!

W杯予選第3節のリトアニア戦が行われ、イタリア代表はセンシとインモービレのゴールにより2対0で勝利。3連勝を飾りグループCの首位をキープしております。

ユベントスからはゴローちゃんが3-5-2の右ウィングバックとしてスタメンフル出場を果たし、また後半頭からキー坊が(たぶん)ツートップの一角として出場。そしてベンチだろうが何だろうが積極果敢に前に出る姿勢を見せる某坊主選手に関しては、調べた限りではその姿を見ていないので、大人しくしていたのではないかと予想しております。

 

 

2021年3月

【最新のJuveTube📻】どうなる?新シーズンのユベントス

3月31日

ユベントスに痛手!トルコ代表に合流中のデミラルが、コロナウィルスに感染

まだ公式サイトからは発表されていないので、もし誤報だったら月ユベがドッカーンですが、最終的には「月ユベだもの」で許されると信じています。

SKY

トルコ代表に合流しているデミラルだが、ユベントスにとってコロナウィルスに感染した10人目のプレーヤーとなったようだ。

 

どれくらいの症状か分かりませんが、試合中に見せる元気ハツラツなプレーよろしく、コロナウィルスもバッタバッタとなぎ倒して欲しいと願います!

 

Forza あばらる君!

 


 

現在リーグ・アン3位のリヨン、レンタル移籍中のデ・シリオを買取へ!

気持ちは分かります。

Luca Branchini(デ・シリオ代理人)

リヨンはデ・シリオを買い取ろうと考えているようだ。我々は現在、チームからの最終判断を待っている状態である。

 

分かります、分かります。この稀代のファンタジスタを欲しいと言う気持ちは分かります。でも、こっちだって簡単には手放す事は出来ないんです。確かにこんな良い顔(↓)している所を見ると、「リヨンでも存在感示してるなぁ」って思いますが、うちはうちで抜けられると困る選手なので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手放せませんよ。