【イタリア代表】2018W杯プレーオフ vs スウェーデン戦 1st leg レビュー

【イタリア代表】2018W杯プレーオフ vs スウェーデン戦 1st leg レビュー

スウェーデン代表 1-0 イタリア代表

 

 

ビッケ ビッケ ビッケ ビッケ

楽しいバイキング

小さなバイキング

小さなバイキング ハイ!

 

 

 

つーことで

 

 

スウェーデンと言えばバイキング

 

バイキングと言えばビッケ

 

 

でございますが、全くを以って小さなバイキングじゃなくて、ドデカいバイキングの集まりでしたね。サイドからの攻撃はすべて弾かれ、中央も簡単に通してもらう事ができませんでした。

 

結果としては0-1で負けましたし、なんともオーセンティック・イタリアな見所の少ない試合内容でしたが、ユーべからスタメン出場した松野さん、ロボ、熊さんは十分に役割を全うしていたと思います。熊さんは試合中にスウェーデン最高峰のケブネカイセ山に散歩に行くんじゃないかと心配していましたが、逆にネタになるようなプレーもひとつもなく安定感抜群。松野さんも1失点は喫したものの(リフレクションしてたから、あれはしゃーない)、キャプテンとして闘志溢れるプレーでチームを牽引。ロボは左サイドのダルミアンに1000本ノックをかましてチームを鼓舞していましたね。って優香、ロボのパスですが「インサイドは強烈なハーフバウンド」「アウトサイドは無駄なカミソリシュート回転」「クロスはナックル」と、野球のピッチャーだったら相当な技巧派で馳せる事ができたと思います。

 

 

あとそのロボですが、眉間あたりに先日の試合でキエえもんになった際の勲章らしきものが残っていて、一瞬ホクロに見えたので、「えっ、ロボ昌夫になったん?」って思っちゃいました。

 

 

です。

まー、誰も気にしとらんね。

 

 

結局ね、ユベントスの試合だろうがイタリア代表の試合だろうが、月ユベのスタンスは変わらないんですよ。90分間きちんと試合を見て、メモまで取ったのにこのざまです。つーか、メモ見直したら「ロボが千昌夫」とか「イン毛ビレがノーゴールでノー毛ビレ」とか「ダルミアン=ダルメシアン=101匹ワンちゃん?」とか、試合内容に全く関係ない事ばかり書いてて泣けてきましたわ。まぁ、何にしても他のチームの選手と特徴を知るには良い機会になりました。

 

もし、ユベンティーノ以外の方で間違えて月ユベにたどり着いちゃったひと、ごめんなさい。こんな感じのブログなんでレビューと言いながらも何も試合内容には触れてません。ただ、2ndレグも書こうかな、って思ってるんで「俺の贔屓の●●にも注目してくれ!」つーのがありましたら是非コメント下さい。面白い選手だったら取り上げます。

 

では、2ndレグは1-0からの延長戦にPKもらって2-0で勝ちましょう。

 

今日は千葉ジェッツの応援に行ってきます。

良い週末を。さようなら。