ユベントス、コープマイネルス獲得が現実味を帯びるか!獲得資金捻出のために若手2選手の売却を…



 

【JuveFC.com】

ユベントスは、アタランタのスターであるトゥーン・コープマイネルスの獲得資金を調達するために、ブンデスリーガこクラブに所属する2人の若手選手を売却しようとしていると報じられています。

ビアンコネリは移籍市場で数多くのミッドフィールダーと関連付けられていますが、オランダ人選手は彼らの主要なターゲットです。

オールドレディはすでに5年契約で、彼が年間450万ユーロを稼ぐことができる合意を選手個人と結んでいます。

しかし、主な障害はアタランタの要求額、すなわち6000万ユーロに達することにあります。

La Gazzetta dello Sportのジャーナリスト、ジョヴァンニ・アルバネーゼによると、ユベントスは必要な資金を調達するために2人の主力選手の売却を検討しています。

 

 

イタリアの巨人は、マティアス・スーレとディーン・フイセンの両者を売却する意志を示しており、両選手とも、ドイツの地で興味を持つクラブがあります。

アルゼンチンのウインガーは、フロジノーネでの見事なレンタル期間を終えてトリノに戻ります。

バイヤー・レバークーゼンがスーレに関心を示しています。

ブンデスリーガ王者は、プレーヤーにシャビ・アロンソの指導の下でスキルを磨く機会を提供し、チャンピオンズリーグでプレーする機会を与えます。

さらに、フイセンもドイツに向かう可能性があり、報道によるとボルシア・ドルトムントが彼に興味を持っています。

両選手の移籍価値はおおよそ3000万ユーロです。これらの数字は、コープマイネルスに対するオファー(4500万ユーロ相当)がアタランタに拒否された後、経営陣が説得力のある攻勢を開始するのに役立ちます。

アルバネーゼはコープマイネルスが攻撃的なミッドフィールダーとして、チアゴ・モッタの4-2-3-1のシステムにおける理想的な選手となり、ボローニャでルイス・ファーガソンが演じたものと同様になるだろうと付け加えています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓