【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


今シーズン11位のジェノア、昨夏に続きミレッティ獲得を画策か!契約はレンタルながらも買い取りオプションが…



 

【JuveFC.com】

ジェノアは、ユベントスの若手選手ファビオ・ミレッティに対する興味を再び盛り上げたと報じられており、今回は取引を成立させる可能性が高まっていると伝えられています。

グリフォーネは、昨夏にも選手をルイージ・フェッラーリスに引き寄せようとしましたが、失敗に終わりました。21歳のイタリア人選手はコンティナッサに留まり、マックス・アッレグリのローテーションで重要な役割を果たし、特にポール・ポグバとニコロ・ファジョーリの長期の出場停止後は、出場機会を増やしました。

しかし、Calciomercato.comによれば、今回は両クラブ間で合意に至る可能性が高まっています。

 

 

ファジョーリが出場停止から復帰し、新しいミッドフィールダーがトリノに到着する見込みであることから、ミレッティの出場時間は来シーズン大幅に減少するかもしれません。

さらにチアゴ・モッタが、ミレッティを主要選手とは見なしていない可能性もあります。

一方、ロッソブルーは来シーズンのミッドフィールダー陣を強化しようとしており、若いイタリア人をその役割に適した選手として特定しています。

情報源によれば、ユベントスはミレッティをジェノアに貸し出すことに喜んで同意し、そこで貴重な出場時間を得て、改善された選手として帰還することを期待しています。

ただし、グリフォーネはシーズン終了時に選手の買取オプションを加えることを求めるかもしれません。

報告によれば、現在、両クラブが連絡を取り合っており、近日中にこの件で重要な進展があるかもしれません。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓