2025年6月に契約満了となるキエーザ、モッタから要求される"守備の役割次第"で去就は決定か!



 

【JuveFC.com】

ジャーナリストのジョヴァンニ・ガルダラによると、フェデリコ・キエーザは、マックス・アッレグリに守備の役割を求められましたが、新しい監督であるチアゴ・モッタの下でも同様の要求があるとされています。

攻撃的なウインガーであるキエーザは守備を得意としておらず、アッレグリの下で守備の負担が増えたことで彼らの関係が壊れました。

アッレグリの下でキエーザはウイングバックとしても試されましたが失敗し、後にドゥシャン・ヴラホヴィッチとの2トップに加わりました。

アッレグリは去り、チアゴ・モッタが次期ユベントス監督に就くと予想されていますが、キエーザには新しい監督の下で守備を免除されるとは限らないと警告されています。

 

 

ガルダラは、「チアゴ・モッタの下では、彼はよりウインガーとしてプレーするでしょうが、同時に守備のフェーズでも積極的なプレーを求められます。

モッタは犠牲を要求します。私たちは、両者の間でどのような対話があるのか、キエーザがどのような協力をするかを理解する必要があり、その後でさらなる評価が行われます。

現時点でキエーザが、来シーズンも確実にユベントスでプレーするとは断言できません。」

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓