暫定監督モンテーロ「ファジョーリはチームの柱となる選手である。ユルディスとデル・ピエーロを比較すると…」



 

【JuveFC.com】

ユベントスの暫定監督であるパオロ・モンテーロは、アリアンツ・スタジアムでのモンツァ戦で勝利を収め、トップチームにおける短い期間の役割を終えました。

前半にフェデリコ・キエーザがオープニングゴールを決め、アレックス・サンドロがクラブでの最後の出場で2点目をヘッドで決めました。

52歳のモンテーロは自身の経験に満足しており、長期に渡る出場停止からの復帰を印象的なパフォーマンスで飾ったニコロ・ファジョーリをクラブの柱にすることを予想しています。

 

 

試合後のインタビューにおいて、ウルグアイ人監督は次のように述べました。

「成長する意欲を持つ素晴らしいグループと一緒に働けた事に、幸運を感じています。

ファジョーリは賢明なプレイヤーであり、チームが必要とする優位性とプレーを作り出すために、どこにポジションを取るべきかを知っています。将来的には、彼はユベントスの柱になる選手となるでしょう。なぜなら彼は正しいキャラクターを持ち合わせているからです。

トップチームの選手とは、わずか数日間しか過ごしていませんので判断を下すことはできませんが、彼らは強力なグループです。しかし、どのクラブも困難なシーズンを経験します。

ビアンコネリはその中でシーズンの目標を達成しました。選手たちは白と黒の縦縞のシャツに愛着を持っています、彼らと一緒に働く機会を得て嬉しく思います。」

モンテーロはまた、才能あるケナン・ユルディスについても話しました。監督はアレッサンドロ・デル・ピエロとの比較についても言及しています。

「ユルディスは才能の持ち主ではありますが、デル・ピエロとは少し異なります。アレックスはより中央でプレーしましたが、ケナンはピッチで幅広くプレーします。

彼にとって、この比較は刺激にならなければならないでしょう。なぜならユベントスにはボニペルティ、シレア、デル・ピエロの3つのクラブアイコンがいるからです。」

さらに、元ユベントスのディフェンダーは、チアゴ・ジャロについてもコメントしました。彼は後半途中でアレックス・サンドロに代わってデビューを果たしました。

「ジャロは技術的に優れ、スピードも持ち合わせており、ポルトガル人選手の典型的な特徴を持った選手です。

私たちはラインナップの評価を行い、アレックス・サンドロを特別な拍手で迎えるために彼をピッチに送り出しました、ジャロはビルドアップスキルも持っています。」

最後に、モンテーロはトリノをホームだと感じる理由を説明しました。

「トリノを歩くと、この街の人々から受ける愛情により、私は母国のモンテビデオを歩いているような気分になります。

これが私がユベントスで働くことを選んだ理由の1つです。人々の愛情を受けて、私はまるで自分の家にいるように感じます。

メンタリティはシステムではなく、身体の内側から来るものです。勝者になるためには、それを生まれながらにして持っていなければなりません。」

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓