現地ジャーナリスト「アッレグリは就任直後から、このチームで上手く行かないことを理解していた。その理由は…」



 

【JuveFC.com】

ユベントスはマックス・アッレグリを解任しましたが、ジャーナリストのイヴァン・ザッザローニは、それは2つの相容れない当事者間の関係が原因だったと主張しています。

アッレグリのアリアンツ・スタジアムでの2度目の在任は、彼とクラブが期待していたほどの結果をのこせませんでした。

ビアンコネリは、アッレグリを監督として呼び戻したとき、チームが改善するだろうと楽観していました。

 

 

しかし、彼が初めての在任期間に成功した一方で、彼の2度目の在任は良いスタートを切ることができず、ザッザローニは、アッレグリが物事が望ましい方向に進まないことを理解していたと信じています。

アッレグリはその時点で辞めるべきでしたが、彼は残り、状況を好転させることができると証明したかったと、主張しています。

TuttoJUVEに引用されたように、ザッザローニは次のように述べました。

「最初の瞬間、それは18か月前から、マックスは自分がこのユベントスとほとんど共通点がないことを理解しました。

彼がアリアンツ・スタジアムに戻ってきた時、クラブの状態やチーム状況は、想像していたものと異なりました。

アッレグリは頑固で素朴な性格の持ち主であり、彼は自分のアイデアや目標がクラブと合わないことを理解していました。

クラブと監督の両者は、ボルトとドライバーのように互換性のない2つの存在でした。」

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓