今シーズン限りで契約満了となるラビオ、"級友"チアゴ・モッタ監督就任が好影響を及ぼすことになるか!



 

【JuveFC.com】

アドリアン・ラビオとマックス・アッレグリの関係は、広く知られていたように良好でした。

監督は昨シーズン、ミッドフィルダーがクラブに残ることを確実にする上で大きな役割を果たし、ラビオが彼の計画の重要な選手であると強調しました。

ラビオはまだユベントスとの契約延長をしておらず、一部の報告では監督の運命を知りたいと考えていると伝えられていました。

 

 

ミッドフィルダーはユベントスが自身をアリアンツ・スタジアムでのプレー続行を望んでいることを知っており、今後の監督としてティアゴ・モッタが期待されていることから、彼に残留を説得する可能性があります。

Tuttomercatowebの報告によれば、フランス人選手はモッタと非常に良好な関係を築いています。

ラビオがPSGの若手時代にモッタは彼に影響を与えた主要な選手の一人であり、それ以来彼らは強い関係を築いてきました。

この繋がりが、ラビオをクラブに留まるよう説得するかもしれないことは、ユベントスにとって良いニュースです。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓