ユベントス、右ワイドの補強に"ジュントーリの教え子"ナポリが保有権を持つザノーニをリストアップか!



 

【JuveFC.com】

昨日、アリアンツ・スタジアムで行われたサレルニターナ戦におけるウィングバック、アレッサンドロ・ザノーリのパフォーマンスは、ユベントスで彼に対するより多くの賞賛をもたらしたと報じられています。

カルピ出身の彼は幼い頃に地元クラブに加入し、やがてクリスティアーノ・ジュントーリが当時のクラブのスポーティングディレクターであった時の教え子となりました。

その後、52歳の彼はナポリを率い、2018年にザノーリを引き抜きました。

 

 

若者はパルテノペイの階級を上り、最終的にファーストチームの一員となり、クラブのキャプテンであるジョヴァンニ・ディ・ロレンツォのバックアップを務めました。

しかし、出場時間の不足のため、彼は1月に近隣のサレルノへのローン移籍を果たしました。しかし、グラナータはすでにセリエB降格が決定しているため、ザノーリはクラブに留まることはなく、夏にナポリに戻ることになります。

それにもかかわらず、ジュントーリはこのイタリア人ウィングバックとの再会を求めるかもしれません。

TuttoJUVEのジャーナリスト、ミルコ・ディ・ナターレによれば、ユベントスは昨日ザノーリが披露したパフォーマンスに感銘を受けました。

ザノーリは右サイドからマックス・アッレグリの守備陣に脅威を与え、特に最初の45分間はそうでした。

したがって、ユベントスのフットボールディレクターが夏に動くかどうか、そして昔の教え子をビアンコネリのスカッドに加えるかどうかは見ものです。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓