TuttoSport「今シーズン終了後、ユベントスは若手選手の売却により1億ユーロを手にする事を期待している」



 

【TuttoSport】

ユベントスがスーレ、フイセン、バレネチェア、カイオ・ジョルジュの4人を放出すれば8000万から8500万ユーロの見返りが得られる可能性があります。

また、デ・ウィンターの売却もあり、それにより今夏には1000万ユーロの追加収入が見込まれます。

イリング・ジュニオールが退団した場合、ユベントスは1000万から1500万ユーロを手にする事を望んでいます。更にセリエBにはバルビエリのような選手もいて、彼らもその対象となります。

ユベントスは合計で1億ユーロを選手の売却から得ることを望んでいます。

 

もはや、ビッグクラブから「ビックリクラブ」へと成り下がったユベントスなだけに、若手を売却して補強資金を捻出するのは仕方なしっちゃー仕方なし。

あとは現状のチーム状態を鑑みて、「誰を残して誰を売却して」の判断になるかと思いますが、編集長としては右ワイドを担当するバルビエリの残留を淡く切なく期待するところ。

編集長と誕生日が同じ8月26日と言うこともありますが、それより何よりユベントスの右サイドについては、北島に移籍の可能性が浮上し、そしてヒロシ解任となればバーターで所属しているユッティの島流しは決定的。

バルビエリはレンタル先のコモでも活躍しているようなので、レンタルバックで育てる事を希望します。