ユベントスOBルカ・トーニ「ユベントスはアリアンツスタジアムではどんな事をしてでも勝たなければならない」

 

【ルカ・トーニ】

ウディネーゼが勝つに値するチームだったという意見に異論はありませんが、それはユベントスが全てのタックルでボールを奪えなかったからです。

ウディネーゼはフィジカルに優れたチームですが、ユベントスはとても2位のチームとは思えないプレーが続きました。

アリアンツ・スタジアムでどんな手を使ってでも、それこそズル賢さを見せてでも勝たなければいけないのです。

 

 

「ズル賢さ」の部分については「malice」という単語が使われており、直訳するならば「悪意」や「敵意」でしょうか。

なんにしても、トーニが言いたいのは「どんな事をしてでもアリアンツでは勝ちに行け」って事だと思います。

 

 

いまこそ、『退場王スピリッツ』なのかもしれませんね。。。

 


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...