【投票企画】契約延長が難航するキエーザ放出に賛成?反対?

 

 

 

 

【JuveFC.com】

最近数か月間、フェデリコ・キエーザの将来が注目を集めており、ユベントスは選手が怪我に苦しんでいる中で、彼の契約を延長する可能性を検討しています。

キエーザは確かな才能とユベントスへ貢献していますが、再発する怪我の影響で競技活動からの長期間の不在が続いています。

ユベントスはキエーザがピークのフィットネスとフォームを取り戻す可能性に楽観的ですが、彼の契約状況に対処する必要性は明らかで、特に彼の現在の契約が2024/2025シーズンの終了時に切れることを念頭に入れなくてはなりません。

契約延長に関する交渉はこれまでも行われてきましたが、進展が停滞しており未解決のままです。

ユベントスは、キエーザの怪我の傾向と長期的なフィットネスの見通しに関する不確実性を考慮に入れながら、新しい契約に対する慎重さを検討しています。

報道によれば、キエーザは次の契約更新で金銭的条件についての保証を求めており、自身のクラブへの価値を反映し、魅力的なパッケージを提供する契約を望んでいます。

両者がこれらの協議を進める中で、キエーザの契約状況の解決は依然として大きな関心事であり、ユベントスはクラブでの才能ある攻撃者の滞在を延長するリスクとリワードを検討しています。

ジャーナリストのマッシモ・ブランバティは、ユーロ2020の優勝者について次のように述べています。

「キエーザの将来は、今シーズン終了時と彼のコンディションにも左右される事になるでしょう。

キエーザは素晴らしいクオリティを持っていますが、怪我やコンディション不良により、それを滅多に見ることができません。

そして何かを決断する際には、過去に起きた出来事やそれにも伴う数値を考慮に入れる必要があります。怪我は過去のことですが、深刻な怪我は常に何かを残します。

しかし、今はフェデリコが少しの不快感を抱えながらプレーを続ける必要があり、再び怪我をすることを恐れてはなりません。」

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

 

 

このところ、揺れに揺れているキー坊の契約延長問題。

現地では「リバプールがサラーの後釜候補にキエーザの名前を挙げている(★リンク)」なんてニュースもあり。

そしてユベントスとの契約が2025年6月(=来シーズン終了後)に満了となることから、この夏に何かしらの動きがあってもおかしくない状況。

もしキー坊がトリノを去ることになれば、自分の売り上げにも直結するという事で、アケミチャンも動向に注目している人違いありません。

しかし、ここ最近ではユルディスの台頭により、キー坊がベンチを温める機会も多く、そしてヒロシとの不仲も囁かれていることから、残留する可能性について編集長の見立てとしては五分五分。他チームから届くオファーの条件次第では、夏の退団の可能性も否定することは出来ないでしょう。

 

 

ってことで、こんな時は投票ですね、投票!

 

 

 

ズバリ、今回のお題は…

 

 

 

 

キエーザ放出に賛成?反対?

 

 

Let’s 投票!

キーエザ放出について

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...

(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...