今シーズンTopチーム昇格のフイセン、冬のマーケットでフロジノーネ移籍の噂が浮上か!

 

 

 

 

【JuveFC.com】

フロジノーネは現在、少なくとも3人のユベントスの若手選手をローンで獲得しており、マティアス・スーレとエンソ・バレネチェアが重要な役割を果たしており、カイオ・ジョルジはまだチームに適応していません。

若手がポジティブな経験を積んでいる一方で、報道によればもう一人のユベントスの選手、ディーン・フイセンのフロジノーネへ移籍の可能性が取り沙汰されています。

この憶測によれば、ユベントスはフイセンをフロジノーネにローン移籍させ、彼にプレー時間を提供することを検討しているとされています。

フイセンはビアンコネリのトップチームに昇格していますが、ポジション争いが激しいためにプレーの機会を確保するのに苦労しています。シーズン後半のフロジノーネへのローン移籍は、より一貫したゲームタイムを提供し、彼の成長に寄与する可能性があります。

これらの噂が広まっている一方で、潜在的な移籍が実現するかどうかは見極める必要がありますが、ユベントスは若手がフィールドで貴重な経験を積むための選択肢を検討しているようです。

しかし、フロジノーネのディレクター、ギド・アンジェロッツィは次のように述べています。

「フイセンについて? 彼は優れたサッカー選手です。しかし、私たちは移籍市場を考えていません。」

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

【編集長ミツひと言】

 

 

今シーズン、大きな期待と共にユベントスのトップチームに昇格したフイセン。

しかし、なかなか出場チャンスを与えられずに、今シーズン、ピッチに立ったのはミラン戦のわずか12分のみ。

18歳という年齢を鑑みると、経験を積ませるためにローン移籍したとしても何ら不思議ではありませんし、それこそクレモネーゼで成長を遂げたカイジのように、大きく飛躍してユベントスに戻って来る可能性は十分にあります。

もし、移籍先が今回名前の挙がっているフロジノーネであれば、セリエAの舞台で屈強なアタッカーと対峙することもできますし、ユベントスのベンチで一年過ごすよりは、遥かに充実した時間を過ごすことになるのではないかと考えます。

まだまだイチモツの周りが雑草ピヨピヨの時期でありますので、他のチームで揉まれてジャンゴージャンゴーになるのは、編集長的にはアリ寄りのアリなんじゃないかと考えます。

 


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...