ファジョーリのギャンブル依存の報告を怠ったと言われるボヌッチ、しかし本人は否定!適切な場所で自身の潔白を…

 

 

 

 

【JuveFC.com】

レオナルド・ボヌッチは、イタリアのサッカー界を騒がせている賭博スキャンダルに関与しているとされています。

このスキャンダルはニコロ・ファジョーリの報告が発端となっています。

報道によれば、ボヌッチは昨シーズン時点でファジョーリの賭博依存症について気付いていましたが、当局に報告しなかった可能性が指摘されています。

これは選手にとって報告義務があるにもかかわらず、それを行わなかったことで、ボヌッチに何かしらのペナルティが課される可能性を秘めています。

しかしボヌッチに近い情報筋によれば、彼は事件への関与を否定しており、このイタリア人ディフェンダーは、何の不正行為にも関わっていないことを証明することを熱望しています。

Tuttojuveは、情報筋の発言を引用しています。

「今朝、特定のメディアで報じられた内容は、彼のプロスポーツ選手としてのイメージと個人的な評判に深刻な損害を与えるものであり、この理由から、適切な場所で自己を守るつもりです。」

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

今シーズンの夏のマーケットで、スッたモンだあった上でウニオン・ベルリンへ移籍したポヌッチ。

その後、一時的に「訴訟し過ぎるディフェンダー」として取り上げられた中、現在は騒ぎも収まっておりますが、ここに来て新たな問題が勃発。

例の、例の、例のカイジの違法賭博の件で、ポヌッチが報告の義務を怠ったとして現地では取り沙汰されているようですが、編集長としては「意図的に隠したのではなく、賭博依存という認識がなかったただけ」だったんじゃないかと予想します。

って優香、啖呵切ってミランに移籍したのに翌シーズンにユベントスに戻るだなんて、どう転ぶか分からない賭博のような行為のようなもの。それゆえに感覚が麻痺しているだと思います。もしくは、オレ王なので他人に関心がないか。

兎にも角にもこれ以上、ポヌオを傷付けて欲しくないと編集長は願うばかりであります。

 

 

 

これも愛。

 

 

 

これが愛。

 

 

 

愛が全てさ。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...