【トリノ戦現地採点まとめ】ディフェンスライン3人とミリクが高評価!チーム最低は中盤に入った…

 

 

 

 

【JuveFC.com】

昨日、アリアンツ・スタジアムで、ユベントスはトリノを破り、ダービーで勝利を収めました。

ビアンコネリは後半に2ゴールを決めましたが、いずれもフィリップ・コスティッチのコーナーキックから生まれています。

フェデリコ・ガッティが混沌とした状況に飛びついて先制点を決め、アレック・ミリクがヴァニャ・ミリンコビッチ=サヴィッチを破って2点目を決めました。

そのため、ゴールを決めた2人はコスティッチとともにイタリアの主要スポーツメディアの採点で最高評価を受けています。

クラブキャプテンのダニーロとブラジル人の同胞グレイソン・ブレーメルもそのパフォーマンスを称賛され、好評価を博しています(6.5点から7.0点)。

その一方で、ダービーでユベントスにとって最もひどいパフォーマンスを見せたのはファビオ・ミレッティであるという点では、あらゆる意見が一致しています。

ドゥシャン・ヴラホヴィッチとフェデリコ・キエーザが不在の中、20歳の彼はマックス・アッレグリ監督の3-5-1-1フォーメーションの攻撃的ミッドフィールダーとして先発出場し、モイーズ・キーンをサポートしましたが、ハーフタイムにピッチから引きずり出されました。

ilBianconero が公開したすべての評価は次のとおりです。

 

 

 

【GAZZETTA DELLO SPORT】

  • SZCZESNY- 6
  • GATTI- 6,5
  • BREMER- 6,5
  • DANILO- 6,5
  • WEAH- 6
  • MCKENNIE- 6
  • LOCATELLI- 6
  • RABIOT- 6
  • KOSTIC- 6,5
  • MIRETTI- 5
  • KEAN- 6,5
  • CAMBIASO- 6
  • MILIK- 7
  • YILDIZ- s.v.

 

 

【TUTTOSPORT】

  • SZCZESNY- 6,5
  • GATTI- 7
  • BREMER- 7
  • DANILO- 7
  • WEAH- 6
  • MCKENNIE- 6,5
  • LOCATELLI- 6
  • RABIOT- 5,5
  • KOSTIC- 7
  • MIRETTI- 5
  • KEAN- 6
  • CAMBIASO- 6
  • MILIK- 7
  • YILDIZ- 6,5
  • All. ALLEGRI- 6,5

 

 

【CORRIERE DELLO SPORT】

  • SZCZESNY- 6
  • GATTI- 7
  • BREMER- 7
  • DANILO- 6,5
  • WEAH- 6
  • MCKENNIE- 6
  • LOCATELLI- 6
  • RABIOT- 6
  • KOSTIC- 6,5
  • MIRETTI- 5
  • KEAN- 6
  • CAMBIASO- s.v.
  • MILIK- 7
  • YILDIZ- s.v.
  • ALLEGRI- 7

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

採点を舐めて見てみると、総じてディフェンラインが高評価を集めていることが分かります。

昨日の試合では特に前半のデキが良くなく、そういった流れの中でチンピーらしいチンピーもなくゼロで終えたことで、後半の2得点に繋がったんじゃないかと編集長は考えます。

そんな中、後半頭部を負傷したラガーの包帯が青色で「ラガえもん」になっていれば、7.5から8.0は獲得できたんじゃないかと悔やむ部分もあり。

って優香、メディカルチームも「お前にはまだ青包帯は早い」と判断したのかもしれません。いや、んな訳ない(タモさん風に)。

攻撃陣では追加点を挙げたウッディ。

しつこいようですが、ゴールを決めただけではなく、ピッチに立った45分間において「オモチャはベンチを飛び出して、決めるミリクのチャチャチャ」を体現するヒハるプレーを披露してくれました。

更にしつこくて申し訳ないのですが、「ヒハるプレー」って一体全体どんなプレーなんですかね。知らんけど。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...