【Majiニュース】今シーズン、タイトル奪還を目指すアッレグリ「キエーザには16ゴールを…」

 

 

 

 

【JuveFC.com】

フェデリコ・キエーザはユベントスの選手として本来の調子を取り戻しており、それはビアンコネリにとって最も重要なことだと言えます。

ほぼ1年間戦列を離れた長期負傷の影響と格闘した困難な時期を経て、キエーザの復活はユベントスにとって歓迎すべきことです。

ユベントスのチーム内で最も貴重な資産の1つであるキエーザのコンディションを最高の状態に維持することは、チームにとって極めて重要な目標です。

キエーザは今シーズン、目覚ましいスタートを切り、ウディネーゼとの初戦で先制ゴールを決めるなど強烈なインパクトを残しました。

彼の巧みなゴールは、キエーザがベストに近いパフォーマンスレベルに戻ったことの証拠となります。

マックス・アッレグリ監督は、今シーズンのキエーザの今後の活躍に大きな期待を寄せています。

彼はフォワードが残りの試合でも優れたパフォーマンスを発揮し続けると予想しており、得点という観点から具体的な目標を掲げています。

ilBianconeroの報道によると、アッレグリ監督はキエーザがシーズン中に少なくとも16ゴールを挙げて、クラブの勝利に貢献することを期待しているということです。

キエーザに対するこの目標設定は、監督からの信頼を裏付けており、今後のチームの成功において、キエーザが重要な役割を任されていることを示しています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

ウディネーゼ戦の後にヒロシが「キエーザは童貞だけど、今シーズンは15〜16ゴールを決めなくてはならない」と言っていました。

ぶっちゃけ、キー坊がチームにハマれば、20ゴールくらいは決めそうな気もしますが。

あとはコンディションですね。

確かに開幕戦ではゴールを決め、そしてハイパフォーマンスも披露したものの、怪我の影響が全く無いとも言い切ることはまだできず。

今後、様子を見ながら起用する必要がありますし、何よりも調子が良いからと言って使い続けるのは危険。アラレ、ウッディときちんとローションをかけて、じゃなくってローテーションをかけていくべきだと考えます。

まずは次のボローニャ戦前に、コンディション調整のためにアケミちゃんのお店でローションを使いながら…(以下省略)



(記事終わり)


ヴラホビッチの働きには満足?それとも不満?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...