【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


【Majiニュース】レアル・マドリーの獲得レース参戦により、ルカクのユベントス移籍は不確実なものに



 

 

 

 

【JuveFC.com】

レアル・マドリードがロメル・ルカク獲得レースに参戦する構えを見せており、それによりベルギー人ストライカー獲得に向けたユベントスの取り組みはさらに複雑なものになっています。

ルカクは以前ユベントスへの加入で合意に達しており、ビアンコネリへの移籍を見越して他クラブからの誘いを拒否することでコミットメントを示していました。

しかし、ユベントスはこの移籍期間内で移籍を完了させることが困難となっており、契約に関する不確実性が高まっています。

トッテナム・ホットスパーは最近ルカクに興味を示しており、退団したハリー・ケインの後任候補としてルカクの名前をリストアップしています。

スパーズは当初ケインの残留を目指していましたが、その後バイエルン・ミュンヘンに移籍し、ルカクの出場機会が生まれました。

驚くべき展開で、ここに来てレアル・マドリードがルカク獲得レースに参戦してきました。

Tuttomercatoweb によると、キリアン・エムバペの獲得を巡る不確実性により、レアル・マドリードのベルギー人アタッカーへの関心が高まっているとのことです。

レアル・マドリーはエムバペ獲得が実現しなかった場合、代替オプションとしてルカクの獲得を検討していると伝えられています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

移籍期限まで残り10日強となっていますが、カルチョメルカートはまだまだ動くよどこまでも。何が起こるか予想もつきません。

そしてユベントスにおいても引き続きキンタ放出、ルカク獲得の話は消えることなく、一気に話が加速してもおかしくない状況。

編集長の見立てでは、ユベントスは経済面からキンタを放出して現金を手にしたいことは間違いなく、更に他のチームを見渡せば、スパーズもレアル・マドリーも、センターフォワードの補強に動いていることは明らかであります。

 

 

ついては

 

・レアル・マドリー:ヴラホヴィッチ獲得

・スパーズ:ルカク獲得

・ユベントス:モラタでチャンチャン

 

 

こんな感じになれば、それこそユベンティーニの感情的にも上手く収まるんじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか?

なんとなく「ユベントスの1人負け」な感じがしたとしても、それは言わない約束で。