【Miniニュース】"ユベントスのキャプテン"ボヌッチ、今シーズン限りでユベントス退団か!その理由は…

 

 

 

 

【Miniニュース】

すべての物語には始まりと終わりがあり、場合によっては前編があります。では、これがレオナルド・ボヌッチにとってユベントスでの道の終わりとなるのでしょうか。

現在ユベントスで2度目の滞在中であるこのディフェンダーは、まだ2024年までの契約が残っています。それにもかかわらず、今シーズンの序列が、彼を退団に促す可能性があります。

Tuttosportによると、ボヌッチはさらなる出場時間を求めて今夏にユベントスから退団する可能性があると伝えています。

関係者によると、クラブのキャプテンが今夏トリノを離れる動機は2つあるということで、1つ目は良い形でキャリアを終えることです。

36歳の彼は少し前に、来シーズンがプロとしての最終シーズンになると発表していました。したがって、イタリア人は最後の1年をベンチで過ごすつもりはありません。

現時点では、ユベントスのマックス・アッレグリ監督の序列では、グレイソン・ブレーメル、ダニーロ、フェデリコ・ガッティ、ダニエレ・ルガーニがボヌッチよりも上位にいます。

ボヌッチが更なる出場機会を求める2つ目の理由は、来夏に開催される欧州選手権にあります。

恐らくこれが選手として最後の国際大会になる可能性があり、来シーズンもロベルト・マンチーニ監督のチームでの地位を維持するために、クラブではレギュラーとしてコンスタントに出場することを望んでいます。

ボヌッチが依然としてイタリア代表チームのキャプテンを務めているにもかかわらず、イタリア人監督は最近、特にネーションズリーグ準決勝のスペイン戦での失策を受けて、アズーリでの時間が満了に達した可能性があることをほのめかしていました。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

レオナルド・ポヌオ、36歳(坊主)。

キャリアの最終章を迎えており、そして今回の記事にある通りクラブでも、そして大会でも有終の美を飾ることを意識しているとは思いますが、編集長としては「それはユベントスの一員として」であると信じています。

って優香、また家出しようったって、そうは行かせないんで。

最後までユベントスのチンボルとして、働いてもらいますんで。

 

すみません間違えました、チンボルじゃなくてシンボルでした。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...