【ニュース・ヘッドライン】
(SKY)ユベントスはアドリアン・ラビオとの契約を更新する準備ができている。しかし、多くは今シーズンの結果、特に来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権の有無に左右されるだろう。
(編集長ミツ)不正してでも4位以内に入って下さい。ただし、バレないようにヨロ。




【Miniニュース】ユベントス復帰のマッケニー、トルコのガラタサライが注目か!

 

 

 

 

【JuveFC.com】

ガラタサライは、リーズ・ユナイテッドへのローン移籍が失敗に終わった、ユベントスMFウェストン・マッケニーとの契約に興味を示していると報じられています。

マッケニーは、リーズ・ユナイテッドの降格回避に貢献することを期待されて1月にレンタルで加入しましたが、この移籍にはプレミアリーグに残留した場合に完全移籍となる条項が盛り込まれていましま。

しかしリーズが降格した事により、マッケニーはユベントスに復帰することになります。

マッケニーはユベントスの計画に含まれていないため、クラブは現在彼の将来に関する決断を迫られています。

彼らは今夏のマーケットで彼を売却することを検討しており、Calciomercato.comによると、トルコのガラタサライが彼の獲得に興味を示していると伝えられています。

すでに1月にローマからニコロ・ザニオーロと契約したガラタサライは、マッケニーに可能性を見出しており、彼がチームに加入すれば大きな力になると信じています。

ユベントスはマッケニーの移籍先を探していますが、ガラタサライがその行き先になるかは、まだ分かりません。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

リーズが残留できなかった事により、ユベントス復帰が確実となった池崎。

しかし、ヒロシの構想外ということで移籍先を探すことになりますが、そこで名前が挙がってきたのがルートコのガラタサライ。

直近ではザニオーロが、その前にはメルテンスやトレイラ、マタ、そしてヨメルディの旦那も獲得しており、積極的な補強を見せているチーム。

池崎を獲得しても、なんら不思議ではありません。

 

まぁ、ぶっちゃけですが、ユーベに残留してとしても出番も限られるでしょうし、冬のマーケットで移籍を志願して出ていったら選手なので、気持ち的にも少し「ちょっちゅね」なファンもいるはず。

ここはひとつ、お金のありそうなガラタサライが適正価格で獲得してくれることを期待するのが本音だせぇぇぇぇぇえええええい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いぇぇぇぇぇえええええい!



(記事終わり)


ユベントスのボヌッチ放出の判断は...

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...