【合言葉は気合と根性】ガッティの愛称発表!

昨シーズン冬のマーケットで突如としてメルカートを賑わせたフェデリコ・ガッティ。

調べてみれば、17歳で高校を中退した後、レンガ職人などの仕事をこなしながらもサッカーを続け、セリエD、セリエC、そしてセリエBとステップアップした先に辿り着いたのはセリエAの舞台。

 

 

すでにセリエAより先にイタリア代表デビューまで果たした異色のルーキーですが、ユベントスでどれだけできるかは未知数。

しかし、逆に言えば「ガッティの出来がそのままユベントスの伸び代に繋がる」、それはすなわち「揉太郎って第4センターバックに収まっているのが一番落ち着くよね」って事であるのですが、そんなガッティにユベントスで存在感を放って頂くべく、月ユベでは愛情たっぷり込めた愛称を贈らせて頂きたいと存じます。

 

 

 

って事で早速いくぜーーー

 

 

 

フェデリコ・ガッティ!

 

 

 

いつも通りドラムロールスタート!

今日は今シーズンの左サイドを占う、源さんとユッティが駆け付けてくれました!

 

 

 

ドゥルルルル…

 

 

 

(ダンっ!)

 

 

 

はいっ!

 

 

出ましたっ!

 

 

愛称は…

 

 

 

 

 

 

 

‘’ガッツさん!‘’

 

 

 

いの一番に加入が決まりながらも、これだけ愛称決定までに時間が掛かったのは「未知数」であるからにならなく、実はキャラ立ちの部分でも「ガテン系選手」や、意表をついて「ホスト系選手」なんて方向も考えました。

しかし、見た目もガッツさんだし、何よりも名前がガッツさんを連想させるもの。であれば、ここはストレートに愛称を「ガッツさん」として、後はキャラクターを確立させていく道を選んだ次第であります。

 

 

苦労人であるガッツさんですが、兎にも角にも持ち味は「気合と根性」で、「世の中の95%の事は気合と根性で何とかなる」と考えているほど。

セリエの舞台においても、気合と根性でルカクを封じ、気合と根性でディバラをストップできると、ガッツさんも編集長も信じております。

 

セリエA、そしてチャンピオンズリーグ初挑戦となりますが、「細かい事は気にするな」の精神で先ずは動く事!

最終的には気合と根性で何とかなる!

 

セリエAの猛者たちを、本能のままにバッタバッタと倒すガッツさんに期待しています!

 

 

Forza ガッツさん!


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...