【急展開】代理人メンデスがユベントス首脳陣と会談!ロナウドの移籍報道まとめ

SKY

ジョルジュ・メンデスはユベントス首脳陣と会談する為にトリノを訪れる事になった。理由は明確であり『ロナウドをユベントスから移籍させる為』である。

 

と言う事で、届くニュースが『ロナウドの移籍』『ロナウドの移籍』『ロナウドの移籍』『ロナウドの移籍』『マッケニーがスナック菓子食べ過ぎ』ばかりであり、現地でも相当ロナウドの去就についてワカパっている事が伺えます。

 

つきましては、現時点のロナウドを取り巻く環境について、まとめたいと思います。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

ロナウドの意思

開幕スタメンを外れたキーちゃんですが、もはや「ユベントスを離れる意思は固い」とも伝えられており、それゆえのメンデス登場である可能性は極めて高いと言えます。

ユナイテッド時代から実に18年間に渡り開幕戦ではスタメン出場して来たキーちゃんですが、それゆえにキュンは仕方ないとしても、スネ夫にさえスタメンの座を奪われたのは、まさに「キング・オブ・スネ夫のクセに生意気だぞー」だったに違いありません。またベンチで後ろを見たら、ヤル気があるんだかないんだか分からないYUTORI-BOYがのほほんと座っている姿を見て、やるせなさを感じたであろう事は想像に容易い所。

何にしてもキーちゃんにベンチは似合わず、そしてそれはキーちゃん自身が一番感じているはずです。

 

 

マンチェスター・シティ

では、移籍先と言われているマンチェスター・シティのスタンスですが、こちらも現地からの情報によると「移籍を受け入れる」と報じられます。

しかしこれは個人的な印象なのですが、ペップのサッカーに現在のキーちゃんがフィットするかと言えば非常に微妙な所であり、ではキーちゃんが必ずスタメンで出場できるかと聞かれれば、「YES!高須クリニック!」と言えない部分もあります。

昨シーズンから今シーズンに掛けて見たシティの試合においては、決して特別な選手などおらず、ともすればデ・ブライネにしても11分の1の扱い(たぶん)。そんな中にキーちゃんが移籍したとしても、ベンチスタートが多くてストレスを感じてしまうのではないかと心配な部分があるのですが、兎にも角にも気になるのは「ペップが本当に欲しがっているのか」。フロント主導でない事を願います。

 

 

移籍金

ユベントスは2500万ユーロから3000万ユーロと設定しているようですが、シティサイドは「移籍金ゼロでの獲得を条件としている」とも言われております。確かに1億ユーロもの大金を注ぎ込んで獲得した選手をトランスファー・フリーで放出する事には抵抗がありますが、しかしキーちゃんに支払う『ピンちゃん100人分』の年俸を鑑みると何とも言えない所。ぶっちゃけ今のユベントスにとって3000万ユーロは大金ですし、実際に粋の良い若手選手くらいなら獲得できる金額。その辺りを含めての交渉になる事は間違いなさそうです。

 

 

年俸

その年俸ですが、シティはキーちゃんに対して現在と同額の年俸を用意するようで、改めて『オイル万歳!』だと感じた所です。

 

交換トレード

先程は『シティはトランスファーフリーが前提』と書きましたが、しかしそうは問屋が卸す訳もなく、「ユベントスはガブリエル・ジェズスとの交換トレードを持ちかけている」とも伝えられています。

モチのロン、ジェズスが加入してくれればユベントスにとって大きな戦力アップになる事は間違いありませんが、市場では『5000万ユーロは下らない』と言われている選手。確かにキーちゃんと言う稀代のスーパースターとの交換だとしても、しかし今度はシティがそうは問屋が卸す訳もなく、このトレード話はかなり無理があると感じています。

 

ちなみに卸さない同士の交渉が難航した場合、「松野さんがパンツを下ろせば場が和んで一気に解決に向かうのではないか」と考えたのですが、居ない選手を頼っても仕方がないので口にするのをやめました。現在のメンバーで、誰か下ろしてくれる人が出て来ればいいのにね。

 

 

出てくるかいっ!

 

 

いや、でもカツオなら…

 

 

脱ぎたそうな顔していますね!

 

 

まとめ

移籍金についても年俸についても、上記で取り上げたものとは別の報道もされており、現時点では「ロナウドの意思」も含めて確かなものはひとつもありません。しかし「火の無い所に煙は立たない」、「毛の無いバイオッコは若ハゲと言わざるを得ない」である事は間違いなく、今後も現地から届く報道に注目したいと考えております。

左が普通のハゲのキメンティで、右が若ハゲのバイオッコになります。

 

【最新のJuveTube🎥】

試しに他のチームにも手を出してみました😎