【ななめ読み】欧州王者のチェルシーがキエーザにオファーも、ユベントスは…ほか

欧州王者のチェルシーがキエーザにオファーも、ユベントスは…

Christian Falk

噂に挙がるバイエルン・ミュンヘンのみならず、チェルシーもフェデリコ・キエーザに興味を示しているようだ。ヨーロッパ・チャンピオンは1億ユーロもの金額を提示したものの、しかしユベントスはそれを拒否した。

 

素人の前にユーロを卒業したキー坊。そのプレーに世界が驚き、そしてバイエルンやチェルシーと言った欧州のビッグクラブが獲得に乗り出しているものの、しかしその全てに対してユベントスの答えは『ノー』。そしてその姿勢が示している通り、もはやキー坊は『プライスレス』であり、新シーズンの鍵を握るプレーヤーと言っても過言ではない存在であります。

 

キーちゃんを無視してドリブルで仕掛けるキー坊。

 

PKキッカーの座をキーちゃんと争うキー坊。

 

コカ・コーラを飲んでキーちゃんに怒られるキー坊。

 

 

新シーズンはどんなシーンを見る事が出来るのか、今から楽しみでなりません。

 

 

スマホとシューズを間違えて、アケミちゃんに予約の電話をしようとしているキー坊。

 

 

クアドラードは2023までの契約延長へ

Gianluigi Longari

ユベントスはクアドラードとの契約更新に近付いており、新しい契約は2023年6月までとなるだろう。

 

今年33歳を迎えたクアマンですが、プレーの幅とアフロの幅は広がりを見せており、契約更新についても全くの異論はなし。

注目すべきは新シーズンの起用法について。第一次ヒロシ政権においてはウィングを任されていたクアマン関しては、その後を継いだ山ちゃんがクアマンをサイドバックにコンバート。そして昨シーズンの活躍は言わずもがなだと思いますが、引き続きサイドバック中心で行くのか、それともウィングに戻るのか。ファンとしてはどっちかに重心を置いてもいいし、これまで通り併用でも構わないと思っているのですが、ただひとつ願うのは「左だけはお止め下さい」、ただそれだけです。

 

 

キエッリーニ代理人:心配はいらない

キエッリーニ代理人

キエッリーニ は長い間、ユベントスのバンディエラとして活躍して来ました。我々は来シーズン所属するチームを探していますが、現時点で私の携帯電話が鳴る事はありません。しかし、いつ誰が連絡をして来てもおかしくない状況です。彼はイタリア代表において唯一のフリーの選手なのです。

ユベントスとは全く問題ありません。まだ具体的な話には至っていませんが、契約延長に向けて話は進んでいます。

現時点で彼がピッチから離れる事は考えづらいです。選手は各々のストーリーを持っていますが、怪我から復帰した彼のそれは凄まじいものがあります。情熱は衰えていません。

 

ユーロは途中から「所属なし」で戦う事になったロボ。一時は『海外移籍も』と言う噂もありましたが、どうやらこのままユベントスとの契約が延長されるようで安堵の息をついております。

まぁ、あとは時間の問題でしょうか。恐らく7月25日頃からユーロ参戦組が戻って来ると見込まれているので、それまでに更新されていれば問題ナッシング。兎にも角にも「ロボ不在の間に、キャプテン気取りした坊主が出しゃばって来る」と言う事だけは避けたい所です。

 

 

ベルナルデスキはユベントス残留へ

DiMarzio

困難なシーズンを過ごしたベルナルデスキだが、新シーズンもビアンコネロのユニフォームを着用してプレーする事になるであろう。

 

ユーロで存在感を示した事により、ここ数シーズン、ゴロちゃんに向けて厳しい言葉を掛けていたファンの気持ちも少し変化が生じて来たのではないでしょうか。

編集長的には少し悩んでいて、もし山ちゃん辺りがゴロちゃんを欲しがるのであれば、新天地で本来の力を見せてくれそうな気もするし、でもヒロシの変態采配により復活しそうな気もするし。

まぁ、あとはあれですね。髪の毛を金髪で刈り込んだ事により、『チンピラ兄ちゃん風』で月ユベでの新境地を開きそうな気もするんですよね。キー坊あたりを舎弟に従える感じで。

 

 

まとめ

選手たちが続々と Jメディカルに到着!まずはBoyがゆとらずに姿を現してくれた事に安心しました。

 

【最新のユベ議室お題😎】