【10連覇目指してリスタートだ!】2020-21シーズン第27節 vs カリアリ戦 プレビュー

ポルト戦に敗れた事で、いまだに『誰が戦犯か』などを口にしているファン風味の人もいますが、後ろを見てばかりいても前には進めません。

確かにキーちゃんがピョンしちゃった所をボールが抜けて失点したのは確かですが、確かに前半迎えた決定機をスネ夫が決めきれなかったのは確かですが、確かにハーフタイムに松野さんがケタケタ笑っていて緊張感がなかったのは確かですが、それもこれもあれも含めてのポルト戦ですし、もはや振り返ってネガティブになった所で何ひとつプラスには転じません。ましてや『ベスト16敗退』の結果はパーヒャク変わる事はありません。であれば、我々はこの後に残る3つの可能性に全精力を掛けるべきなのです。

 

スクデット

インテルとの勝ち点差は10。ユーベの方が消化1試合少ない事と直接対決を残す事を鑑みれば、『勝ち点差4』とポジティブに考える事も出来ます。そしてもし勝ち点差4であれば、残り試合数を鑑みてもワンチャンスですし、諦めるなどと口にするファンはいないはず。

確かに『勝ち点差10』と言う数字だけ見れば、少なからず諦めの気持ちが芽生えてくる事も理解できますが、しかし上記の通り『未消化試合』と『直接対決』を念頭におけば、「ちょっと待って、ちょっと待って、お兄さん」なのであります。

そしてインテルは1月31日に開催されたベネベント戦から数えて、なんと国内リーグは7連勝中で、今節はトリノ、次節はサッスオーロとの一戦。確率的には、そろそろ取りこぼしてもおかしくないと思いませんか?

 

コッパ・イタリア

すでにファイナル進出を決めており、決勝戦は少し先となる5月19日。あと3ヶ月もあり現時点では何とも言えませんが、何とも言えないのでこれ以上は何も言わない事にしました。頑張りましょう。


 

締めのピンちゃん

これだけカンピオナートが混戦になってくると、ファンの中には『締めのピンちゃんが見られないんじゃないか』と心配を口にする方も出て来ると思いますが、むしろ心配すべきは『最終節がピンちゃんで大丈夫だろうか』になります。

アッレグリ時代の2017-18シーズンは松野さんに代わり途中出場で1失点。翌2018-19は先発出場を果たして2失点。山ちゃんに代わった昨シーズンは、あの酔っ払いが気が利かずにわずか18分の出場となった為に無失点となりましたが、それでもここ3シーズンは『ピンちゃんで締める』、そして『義務失点』がユベンティーニの間では定着しているのは明らか。ユベントスフロント陣もこの民意に反する行動は取れないでしょうし、いやむしろ反する行動を取る必要性もありません。

それはすなわち、第38節ではピンちゃんが失点した以上の得点を挙げれば良いだけの事であり、それが『Fino Alla Fineの精神』と言うものです。最終節で必要以上のプレッシャーを与えない為にも、明日からのカンピオナートを勝ちまくって、早めに10連覇を決めて欲しいと願います!

 

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

<スタメン予想/3-5-2>

GK:コブタン
DF:フトシ、ロボ、オジーロ
MF:クアマン、カリメロ、池崎、ラビ彦、キー坊
FW:ミノル、キーちゃん

 

GKは松野さんのスタメンが本線でしたが、二日酔いにより帯同メンバーから外れた事でコブタンが入ります。また、それにより「ガロファーニ」って言う小僧がベンチ入りする事になったようなのですが、もしゴール後のセレブレーションに遅れるような事があれば、ピンちゃんから厳しめの指導をお願いしたいと存じます。

ディフェンスラインはロボがスタメンに入りますが、即リコールにはお気を付け頂きたい所。中盤は主任が引き続きコロナのバカにせいで離脱を強いられ、更に吉田がコンディション不良だか怪我だかで招集外に。ミノルのトップ下の可能性も残すものの、基本はツーボランチにカリメロ&ラビ彦で、トップ下に池崎がいぇい!両ウィングバックは右にクアマン、左にキー坊が入りますが、この両選手はポルト戦でもすこぶる調子が良かったので、チャンスメイクをしてくれるのではないかと期待が高まります。

最後にツートップはミノル&キーちゃん。ポルト戦で悔しい思いをしたキーちゃんですが、この試合では揉太郎のところを徹底的に狙うなどして、5000点くらい取ってくれると期待します。ちなみにフリーキックについては、「ドン」はいいけど「ピョン」は無しと言う事で、改めてご認識頂きますようお願い申し上げます。

 

【最大50%OFF】Kindle本 新生活キャンペーン

 

さぁ、泣いても笑ってもハゲても残り14試合。我々に残された道は『スクデット獲得』であり『コッパ・イタリア制覇』であり『ラスト・ピンちゃんを楽しむ事』。この3つを手にする為にもチームに声援を送り、そして「ピョンはダメだよ、ピョンはね」と少しばかりの注意を促すのみです。

 

 

楽しみましょう、ユベントスを!

 

後押ししましょう、ユベントスを!

 

そして感謝の念を持ちましょう、日々の暮らしの中にユベントスがある事に!

 

 

明日は揉太郎の所を攻めに攻めまくってスカっと勝つぜーーー

 

 

Forza Juve!

 

【最新のユベ議室お題😎】