【デ・リフトのここに注目してくれ!】2019-20シーズン第33節 vs サッスオーロ戦 プレビュー

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

前節、アタランタ相手にテッテりそうになりながらも、て優香、完全に力負けしそうになりながらも、途中出場したポルちゃんが獲得したPKにより、九死に一生を得たユベントスですが、次節の相手であるサッスオーロも少々厄介な相手である事は間違いなく、前節はアウェイながらもラツィオを2-1で下しております。

 

第32節を終えた時点での勝ち点は46でリーグテーブルの8位に付けており、ワンチャンEL出場権も狙える位置に。そしてカルチョ再開直後はアタランタに敗れはしたものの、続くインテル、エラス・ヴェローナに引き分け、その後は目下4連勝中。なんの巡り合わせかは分かりませんが、ナポリ、ミラン、アタランタ、そしてサッスオーロと好調をキープするチームとことごとく当たるこの日程は、単に運が悪いのか、それとも日頃の行いが悪いからなのか、はたまたキャプテン風味の立ち振る舞いに問題がある(家出したり、キャプテン面したり、痛いふりしてグランドに転がったり)からなのか分かりませんが、とにかく厳しい戦いになる事は間違いナッチングと言えるでしょう。

 

 

更にこのタイミングでユベントスに緊急事態発生。前日会見で山ちゃんがポヌッチの怪我を口にしており、生意気にもサッスオーロ戦の欠場が濃厚となっております。

 

ロボが帯同したとは言え出場は難しく、回復しているとは言えアバラル君は未だ実働するにはまだ早く、加えてユッティも引き続き戦列を離れている中で、ユッティも引き続き戦列を離れている中で(目の錯覚だと思われる可能性がありましたので、あえて2度言いました)、またもやセンターバックを欠くことになる訳ですが、俺たちには揉太郎がいるから大丈夫。ミラン戦ではポヌッチとコンビを組んで期待通りの3失点を喫した彼氏ではありますが、カルチョ再開後の試運転(ミラン戦ね)を終えたいま、このサッスオーロ戦ではカプートだろうがボガだろうがベラルディだろうが、誰が相手であろうとサッスオーロ攻撃陣にバッタバッタとなぎ倒されてくれると信じております!

 

 

 

<スタメン予想/4-3-3>

GK:コブタン
DF:オジーロ、揉太郎、フトシ、ドンキー
MF:主任、イチさん、ラビ彦
FW:ゴロー、キュン、キーちゃん

 

キーパーはコブタン。ここ2試合で6失点を喫しているので、この試合では何がなんでも無失点でブヒって欲しいところ。ディフェンスラインにはドンキーがスタメンに戻り、右はクアマンがサスペンションの為に欠場となりオジーロが入ります。オジーロはそろそろ38歳のベテランには厳しい時期だと思うので(過密日程と暑さで)、適当なタイミングでズル休みとかかましてもいいんじゃないかな、って思っています。センターバックは前述の通り揉太郎とフトシ。前節のアタランタ戦でサパタにチンコ踏まれたフトシが無事で何よりですが、腫れ上がって更に太くなったかもしれないので、毒者はその辺も要チェキら下さいませ。

中盤はイチさんがアンカーに戻り、右に主任で左にラビ彦。この所の起用方法を見ると、山ちゃん的には『松っちゃん < ラビ彦』て感じもしますが、松っちゃん先輩におかれましては気を緩める事なく、いつでも『ラビ彦やってやんよ』の準備は整えておいて頂きたいと存じます。そんで前線はお馴染みのゴロー、キュン、キーちゃんのGKKトリオが並びます(誰か‘’GKK‘’が何を指しているか教えて)。前節サスペンションでお休みしたキュンはコンディションも良いでしょうし、カルチョ再開後6戦連発中のキーちゃんは言うに及ばず。となると後はゴロー待ちとも言え、GG(ゴローガールズ)としてもそろそろゴールと言う結果でぶっしゃりたい気持ちも持ち合わせているに違いありません。

 

 

この試合に勝てばマジックは9になり、スクデットに向けて一歩前進(現在は残り6試合で勝ち点12取れば自力優勝の状態)。8月からはチャンピオンズも再開となりますし、疲労が蓄積されている選手達に休息を与える為にも、更には最終節のピン締めを実現させる為にも、「1試合でも早くスクデットをYou決めちゃいなよ」と願っております。

 

て優香、こう言う時こそ、キーちゃんの疲れ知らずのメンタルってホント頼りになりますな。

 

て事で明日も勝つぞい!

 

 

Forza Juve!

 


【最新のユベ議室お題😎】