【ベナティアがユベントスに復帰か!】2019年9月2日のユベントス ニュース

2019年9月2日のユベントス ニュース

[TuttoSport]ユベントスは怪我で長期離脱となったキエッリーニ代わるセンターバック確保に動きだしており、実に30を超える選手をリストアップしている。そしてその中には元ユベントスのベナティアの名前もピックアップされている。

 

いやー、ここに来てベナティア行くんかいっ!って感じで、個人的にはルガーニでOKだと思ってる。確かにキエッリーニと言う計算できるセンターバックが欠けた状態の中で、これまでセリエAで実績を残したベナティアはうってつけかもしれない。でも、すでにボヌッチ、デ・リフト、デミラル、そしてルガーニがいるスカッドにおいて、あとひとりセンターバックを獲得する必要があるだろうか。それよりもマーケットが閉まる最後の最後にお金を掛けるなら、サイドバックなんじゃないだろうか。ナポリ戦の開始15分でひとり失踪したサイドバックなんじゃないだろうか。「ゆとらぬ先の杖」、そんな諺がイタリアにはある。

 

 

そんな諺あるかいっ!

 


 

[TuttoSport]マンジュキッチは自身がチャンピオンズリーグ登録メンバーに入るかどうかを確認している。もし入るのであればユベントスに残留し、外れるのであれば他のチームからのオファーを検討するだろう。

[Gazzetta]マンジュキッチの元にはカタールのアル・ガラファからオファーが届いたが、クロアチア人ストライカーはそれを拒否した。選手は少なくとも1月まではユベントスに在籍するだろう。

 

[Gazzetta]イカルディは自身に届いたローマ、ナポリ、そしてモナコからのオファーを全て拒否した。選手は少なくとも半年の間インテルに残るだろう。なぜなら、他にオファーがないからだ。

 

[TuttoSport]エムレ・ジャンはナポリ戦で与えられた30分間で首脳陣を納得させる事が出来なかった。選手の名前はメルカートに乗せられ、PSG、バルセロナ、そしてバイエルンが興味を示している。

 

[パラティッチ]‘’ユベントスは今夏、ディバラを放出する事はない。我々は選手にとって良い環境を与え続け、一度チームを離れた選手たちが戻りたいと思えるクラブである。最近だとブッフォンやボヌッチがそれを証明してくれているだろう。‘’

 

[RAC1]ユベントスは怪我で離脱したキエッリーニに代わり、バルセロナのジャン=クレール・トディボ獲得を考えている。

 

[マルトゥシエッロ]‘’デ・リフトはまだまだディフェンスに関する動きと、ディフェンスラインのユニット構築に関して学ぶ必要がある。彼はインテリジェンスがあり、そしてすぐに新しいリーグにフィットするだろう。‘’

 

 

[イグアイン]‘’この勝利は非常に重要なものだ。我々はまだまだチームは改善しなくてはならない部分が多いが、今日の試合では持っているすべての物をピッチで出す事が出来た。私はプレーする為に戻って来たし、ビアンコネロのユニフォームとファンを愛している。‘’

 

[ダニーロ]‘’こんな幸せな事はないだろう。私はチームに加入してから一日でも早くチームにフィットするようにトレーニングを続け、そしてピッチに立った直後にゴールを決める事ができた。我々はまだ改善すべき部分が多いのは確かだが、それは全員が認識している。しかし、今日の勝利はチームに自信を与えるんだ。‘’

 

 

まとめ

・布袋の未来はどこに向かうのだろうか。すでに開幕を迎えたセリエAにおいて、2試合続けて出場機会を与えられないという事は、それはすなわち『必要とされてない』と言うサインとも取れるし、そして選手自身もそれを感じているに違いない。しかし、キュンの残留が(ほぼ)決まり、そしてこれ以上チームにストライカーが加入しない事が決定的なチームにおいて、布袋の役割を担える選手は誰になるのだろうか。思い出して欲しい、2シーズン前のチャンピオンズリーグ・ベスト4を賭けたレアル・マドリー戦2ndレグ。絶対的不利なアウェイの地で、ヘディング2発で王者レアル・マドリーをあと一歩のところまで追い込んだのは誰なのか。そして今、誰にあそこまでのプレーを求める事ができるだろうか。目に浮かぶ、今シーズンもチームの危機的状況を、布袋のベイビーヘッドが救うシーンを。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(2019-20 選手名鑑/愛称版簡易版