【ユーべが優勝候補だなんて過信だと気づけ!】2018-19シーズン第22節 vs パルマ戦 レビュー

2018-19シーズン第22節 vs パルマ戦 レビュー

ユベントス 3-3 パルマ

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

ラツィオ戦辛勝のあと、アタランタにボコられたユベントスでしたが、その流れを断ち切る事ができずに今節も勝ち切れませんでした。

 

ロナ王の加入もあり「チャンピオンズリーグ優勝の有力候補」と持ち上げられ、確かにシーズン序盤はそれに相応しい結果を残し、そして勝負強さをも見せていましたが、シーズンは遥か長く10ヵ月にも及ぶ戦い。「優勝候補」などとは何の意味も持たず、重要なのは「最後にタイトルを獲っている」と言う事だと再認識しております。

 

誰が「国内リーグ優勝間違いなし」と決めたのか。

誰が「チャンピオンズリーグ優勝候補」と決めたのか。

誰が「ホームでパルマ相手なら勝てるはず」と決めたのか。

そして誰がそんな妄想に踊らされているのか。

 

 

ユベントスは決して絶対ではない。

そして勝負に絶対などない。

 

 

今日からは「優勝候補」などと言う無駄な装いは脱ぎ捨て、この言葉を胸に我々ユベンティーニもチームと共に歩き続けよう。

 

 

ユベントスは

 

ユベントスは…

 

「優勝候補」などと言うおこがましい名称ではなく…

 

 

 

『優勝候補風味』

 

 

 

として再出発致します!

 

(わーわー、さすが編集長!わーわー、さすが公式風味!わーわー、私を抱いてー!!!)←毒者からの歓喜の声

 

 

 

つーことでやっちまいましたねー。

 

試合は幸先よくロナ王のゴールで先制し、アゴーニの追加点で引き離すも直後の失点が痛かった。あれが無ければもっと楽に試合運びが出来たし、それこそ3点目を取れないまでも試合を通じて感じた「バタバタ感」は生じなかったと思います。

 

ただ、ここ直近の2試合(ラツィオ戦、アタランタ戦)で調子がいまいち上がらずに、『クリスティアーノ・ロナウド風味』になっていたロナ王が2ゴール決めた事は、中盤に差し掛かり疲れも見え隠れするであろう時期にしてポジティブ要素ですし、今月末のアトレティコ戦を見据えて、ロナ王自身は更にギアが一段階上がるんじゃないかと期待できます。って優香、本人をつかまえて『クリスティアーノ・ロナウド風味』ってどう言う意味なんでしょうね。ビリンデッリの『偽アレ』と同じカテゴリに放り込まれてたんでしょうかね。まぁいいや。

 

あとはユベントス再々デビューを飾ったダレデスですが、まずは誰も注目していなかった背番号は、退場王、メルベリ、フェリペ・メロ、エナティアなどユベントスを代表しない選手が背負った4番でしたね。つーか、ダレデス自身も以前ユーべに所属していた時に着けていましたが、今回も4番を背負う事でその価値を著しく低下させて頂きたいと存じます。そしてそのプレーに関しては『可もなく不可もなく』と言う事で、「このままだとMajiで誰デスになっちゃうんじゃね?」つー不安あり。相変わらずの「足を引っ掛けそうで引っ掛けないディフェンススタイル」は健在でしたが、どうせ同点に追いつかれるなら男らしくエリア内で足払いでもしてPK献上した方が、サポーター風味として納得が行ったと思います。知らんけど。

 

そろそろアホさ加減に離脱される方が出てきそうなのでこれで最後にしておきますが、川勝方面などを中心にdisられているアゴーニに関して、わたしは決して悪くはなかったと思います。確かに相手への寄せは甘い部分はあったものの、2失点目は何気にナス大がゴール前でさらっとマーク外していますし、3失点目も布袋のクリアミスが起点ですし、全体を通じては非難されるレベルではなかったのではないでしょうか。ちなみにふと気づいたのですが、アゴーニの本名って「Daniele Rugani」なんでロナ王のCR7風に略して言うと「DR24」になって、見方によっては「ドクター24」。そして「24」は24時間とも捉える事ができるのである意味「救命救急ドクター24時」、それはすなわち…、すなわち……、オチが思いつかないので止めておきます。

 

まぁ、試合内容はそんな感じです。

 

 

 

つーことで痛恨の引き分け!

 

ナス大の復調が嬉しいけど引き分け!

 

出場していないユッティが川勝さんにdisられてたけど引き分け!

 

思いが届いたのかフリーキックはアゴイチが蹴ったけど引き分け!

 

 

シーズンの谷間到来でごじゃーます!

 

 

こんなん長いシーズンではある事だから、いちいちネガティブにならずに応援するだよー。

 

 

 

FINO ALLA FINE!

 

 

 

まとめ


「優勝候補風味」として、これくらいのスタンスで応援しましょ。