【国籍から振り返るユベントスの歴史シリーズ】フランス編

【国籍から振り返るユベントスの歴史シリーズ】フランス編

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)

 

先日アップした『ウルグアイ編』の反響がそこそこあったんで、「フランスだったら更に反響あるんじゃね?」と言う下心を胸に、再度このシリーズに着手しております。

 

相変わらずの「編集長が見ていない時期の選手はカット!」つー独断と偏見でお送り致しますが、ご一緒に楽しんで行って下さいませー。(※取り上げる選手は厳選5名とさせて頂いております)

 


 

ジネディーヌ・ジダン

  • 名前:Zinedine Zidane
  • 生年月日: 1972年6月23日(46歳)
  • ポジション:中盤(オフェンシブ)
  • 在籍歴:1996-2001
  • 愛称:ザビエル

 

まずは何と言ってもジダン。当時はまだニュースサイトがほとんど無かった為に、ジダンがボルドーから移籍してきた時には「ダレだチミは?」って感じでしたが、開幕するや否やすぐに「この選手は凄い」と気付かされました。ユベントス黄金期における「最も代えの利かない選手」だったと思います。

ジダンをひと言で表すとすれば「華麗」ではないでしょうか。もちろん巧みなテクニックからファンタスティックなプレーも見せてくれますが、むしろ高い基礎技術から繰り出されるひとつひとつの「当たり前のプレー」が華麗に見えた事を覚えています。

 

「ユベントス史上、最高の選手のひとり」である事は間違いないでしょう。

 

 

 

ディディエ・デシャン

  • 名前:Didier Deschamps
  • 生年月日: 1968年10月15日(50歳)
  • ポジション:ボランチ
  • 在籍歴:1994-1999
  • 愛称:アゴ

 

2シーズンほどずれるものの、時を同じくしてジダンとユベントス黄金時代を築いた選手。ジダンとは逆にスキルフルな選手ではありませんが、トップ下のジダンの後方(ボランチ)に位置取り、攻撃の芽を摘み攻守に渡り貢献。マトュイディとは違うタイプではあるものの、デシャンにも「献身的」と言う言葉が当てはまります。

そして若いユベンティーニには「ワールドカップを制した名将」としても馴染みがあると思いますが、デシャンと言えば何と言っても「セリエB降格時に監督を買って出てくれた男」と言うイメージが強く残ります。 その後はユベントスの監督に就く事はありませんが、まだ年齢も50歳と若い事から、いつか監督としてユベントスに戻って来て欲しいと願います。その時はデシャンに数多くのタイトルを与え、あの時の恩を返して欲しいと思います。

 

 

 

ダビド・トレセゲ

  • 名前:David Trézéguet
  • 生年月日: 1977年10月15日(41歳)
  • ポジション:フォワード
  • 在籍歴:2000-2010
  • 愛称:ウナギイヌ、はぐれ刑事(デカ)

 

振り返れば9シーズンもユベントスに在籍する事に。

選手として一番脂の乗った時期にユベントスでプレーしてくれて、移籍当初はデル・ピッポの牙城をなかなか崩せなかったものの、在籍2シーズン目にインザーギがミランへ移籍すると大きくブレイク。アレ・トレとしてユベントスの攻撃陣を牽引してくれました。

そしてやはりトレセゲも「セリエBで一緒に戦った戦友」であり、降格と同時に他チームへ移籍してもおかしくない状況の中、残留してくれた事はユベンティーニも忘れない事でしょう。

 

豪快に振りぬくシュートモーションと、そしてヌルっと出てきてサクっと決めるプレースタイルは、まさにストライカーだと言えます。

 

 

 

リリアン・チュラム

  • 名前:Lilian Thuram
  • 生年月日: 1972年1月1日(46歳)
  • ポジション:ディフェンダー
  • 在籍歴:2001-2006
  • 愛称:チュラさん

 

当時パルマで、ブッフォン、カンナバーロと共に鉄壁のディフェンスを築いていた中のふたり(ブッフォンとチュラム)が同時にユベントスに加入したのは衝撃でした。※その後2004-05にカンナバーロもユベントスへ移籍。

本職のセンターバックだけではなく右サイドバックも起用にこなし、「カテナチオ」を体現する選手のひとりだったと覚えています。

残念ながらセリエB降格時にバルセロナに移籍してしまいましたが、チュラムの全盛期は間違いなくユベントス時代だったと思いますし、ユベントスの勝利に大きく貢献してくれた選手でもありました。

 

 

 

ジョナサン・ゼビナ

  • 名前:原人
  • 生年月日: 1978年7月19日(40歳)
  • ポジション:センター爆
  • 在籍歴:2004-2010
  • 愛称:Jonathan Zebina

 

いましたね、こんなやつが。今のチームなら5000%在籍してないだろうし、10000%在籍してはならない選手です。そして当時は「原人」なんて言って月ユベでは呼んでいましたが、今の時代なら完全に「月ユベ、アウトーーー!」でしょうね。まぁ、時効っつーことで今回は当時のままでご紹介させて頂きました。

ただ、とにかく見ていて飽きなかったです。今でこそボヌッチのミスを指して「ボヌる」なんて言っていますが、原人なんて「そんなの朝飯前」つーか、あんなプレーしたら普通は「三食抜き」ですけど、あの時は「三食昼寝付き」だったんですよね。えぇ、試合中に寝ていたも同然ですから。

最近ではピアニッチ、ベナティア、スチェスニーなどローマから獲得する選手が多く、ロマニスタから不満の声もちらほら聞こえてきますが、編集長的には「原人を受け入れた件で全て帳消し」だと思っています。

 

ちなみに最近ユベントスTVで公開されたリッピのインタビューで知ったのですが、練習中にゼビナがイブラヒモビッチに危険なプレー喰らわして、イブラヒモビッチにぶん殴られてその週の試合を欠場した事があったそうです。当時、それを知っていれば大きく取り上げたんですが、残念でしかなりません(笑)

 

この動画が原人ゼビナの全てを表しています。

 

 

 

まとめ

もっと取り上げたい選手がいたのですが、前回同様「厳選5選手」と言う事で、この5名に収まりました。もし、「この選手を紹介したいなー」って思った方がいたら、是非この記事のコメント欄で紹介して下さい。お待ちしておりまーす。

 

ちなみに、5人目はゼビナかブームソンか悩みましたが、やはり「ゼビナの方が一枚上」との判断の上です(笑)