【トリセツ付き】ブッフォン、PSGへの移籍を発表!

ブッフォン、PSGへの移籍を発表!

 

「月曜日に正式発表される」と聞いていたので、すっかり余裕ぶっこいていた隙を突かれて、ブッフォンのPSG移籍が正式に発表されました。

 

以前から噂は出ていたので、PSGサポーターの方も「やっぱり」と思った方は多いはず。しかし「あのブッフォンを獲得したはいいけど、どうやって付き合っていけばいいのか」と、若干の戸惑いを覚えている方も多いのではないでしょうか。

 

 

つ・い・て・は…

 

 

自称ユベントス日本語公式サイトを名乗る月刊ユベントスが「ブッフォン選手の取扱説明書」として、PSGサポーターの皆様に、正しい取り扱い方法をお伝えさせて頂きたいと思います!

 

 

まぁ、ものは試しだと思い、聞いてらっしゃい見てらっしゃい!

 

 

 

はじめに

確かにレジェンド的な風味が出てきてはいますが、普通のおじさんプレーヤーです。余計な距離を取ることなく、普通に接して下さい。特別扱いは不要ですし、本人も嫌がると思います。

 

 

 

愛称

ユベントスに加入した当初は、ワイルドないで立ちとアグレッシブなプレースタイルから『ギャランドゥ』と呼ばれていましたが、あるとき誰かが「松野 行秀(沢田亜矢子の旦那)に似てるよね」と言い始めた事がきっかけとなり、以降は『松野さん』の愛称で親しまれるようになりました。『ジジ』と呼ぶ分には反応すると思いますが、『ブッフォン』と声を掛けても気づかないかもしれないので、『ジジ』または『松野さん』で統一する事をお勧めします。ちなみに、目が離れていますが正面のボールにもきちんと反応するので安心して下さい。

 

 

 

ユニフォーム

背番号はたぶん気にしないと思いますが、27番だけは嫌がるのではないかと予想します。あと、ユニフォームを観客席に投げる癖があるので、予備を用意しておいて下さい。特に投げる時は上着からではなくパンツから投げるきらいがあるので、パンツの予備を多めにお願いします。

 

 

 

年齢の影響

今年満40歳になり、多少前後左右の動きに関しては衰えが出てきているのは否定できません。しかし、それを補って余りあるほどの経験と勝負強さを持ち合わせているので、年齢に関しては必要以上に気にして頂かなくて大丈夫です。とは言え、オッサンと言えばオッサンなので、適度にターンオーバーは掛けてあげて下さい。

 

 

 

必殺技

取り立てて足元の技術に長けている訳ではありませんが、華麗なドリブルで相手を交わす『くるくるターン』、わざとポストに一度当ててからキャッチする『ポストでポン!』など、技は豊富です。ファンを冷っとさせてくれる大技を堪能下さい。

 

 

 

ピンチに強い

ここ数年、ユベントスではある選手から「危機一髪」を何度もお見舞いされたので、更にピンチに強くなりました。もし、リーグアンを独走して気が緩んでいるような事があれば、後半ロスタイムに意図的にピンチを作ってください。ユベントスで喰らった数々のピンチを思い出して、背筋を伸ばしてくれると思います。

 

 

 

チャンピオンズ・リーグ

昨シーズンのレアル・マドリー戦で、主審に猛抗議した上にドウグラス・コスタが隠れて主審にワンパン入れた為に、今シーズンは3試合の出場停止の刑に服する事になりました。ジジの夢を叶えるためにも、最初の3試合は意地でも勝ってください。ただし、ユベントスと決勝トーナメントで相見みえる事があれば、我々も絶対に負けません。審判を買収してでも勝ちにいきます(笑)

 

 

 

Gigi is ……

とにかく優しくてユーモアがあって男気がある、スーパーヒーローみたいな男です。クラブにもチームメイトにも、そしてサポーターにも精一杯の愛情を注いでくれるでしょう。PSGが2部リーグに落ちるような事があっても、ジジは残留してくれる事でしょう。チームが窮地に追い込まれたとしても、決して諦める事なくチームを鼓舞し続けるでしょう。重要な試合に敗れたとしても、対戦相手に敬意を払い一番に「おめでとう」と声をかけるでしょう。重要な場面で審判の判定にどうしても納得がいかなければ、「誇り」を胸に退場を覚悟してでも抗議に出るでしょう。「Gigi!」と声を掛ければ笑顔で振り向いてくれるでしょう。嬉しい時には一緒に喜び、悲しい時には一緒に泣いてくれるでしょう。そして、今シーズンはPSGのサポーターたちを虜にしてくれる事でしょう。

 

 

もし、もしも上記のような事にならなければ、我々ユベンティーノに声を掛けて下さい。日本からイタリアから、そして世界中から、「Gigi、何をやっているんだ!お前らしくないじゃないか!」と叱咤し、激励したいと思います。彼は完璧ではありません。雲の上のスーパースターでもありません。だからこそ、だからこそユベントスでの17年間をサポーターと共に歩んで来たのです。

 

 

 

Gigiが困っていれば助けてあげて下さい。Gigiが活躍したら褒めてあげて下さい。そして、Gigiに「PSGで現役を続けて良かった」と思わせてあげて下さい。

 

 

 

今日からはユベントスのGigiではなく、PSGのBuffonになりました。Gigiのラストダンスを華やかに彩ってあげて下さい。

 

 

 

 

おこごましいと思いますが、ユベンティーノとしてPSGのみなさんにひとつだけお願いがあります。

 

 

 

どうか

 

 

どうか

 

 

 

 

Gigiと一緒に幸せになって下さい。

 

 

 

Gigiと一緒に素敵な未来を歩んで下さい。