ジュントーリはキエーザの契約更新に取り組んでおり、"一旦は"1シーズンの延長を考えている。その理由は…



 

【JuveFC.com】

報道によれば、ユベントスはフェデリコ・キエーザの契約延長に取り組んでいますが、彼のクラブでの長期滞在は不確実なままです。

本日早朝に報じられたところによれば、イタリアのジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオが、新たに就任するユベントスの監督であるチアゴ・モッタがこの26歳の選手にあまり関心を持っていないと主張し、彼を先発起用する可能性は低いと述べた事で、衝撃を与えました。

もしこれが真実なら、キエーザはアリアンツスタジアムでプレーする事はないかもしれません。なぜなら、彼の契約は2025年6月に満了を迎えるからです。

 

 

しかしCalciomercatoによると、ユベントスはすでに数日以内に選手の代理人との会議を予定しています。

情報筋によれば、クラブのフットボールディレクターであるクリスティアーノ・ジュントーリが、クラブの現在の財政パラメータに合致する条件提示に取り組んでいます。

言い換えれば、クラブのディレクターは、期限を一旦2026年まで延長したいと考えており、これにより、ビアンコネリは状況に対するより強力な交渉材料を持ち、追加の時間を確保することができます。

その後、もしキエーザがモッタのクラブでの初のシーズンで柱としての地位を確立できれば、ユベントスは来シーズン終了までに、長期契約を交渉する機会が得られるでしょう。

一方で、ビアンコネリは夏に選手を売却し、特に彼が2024年のユーロで成果を挙げた場合には相応の収益を得ることができるでしょう。

情報筋はまた、ローマがキエーザの最も有力な移籍先候補の1つであると主張しています。

今シーズン、イタリア代表選手はユベントスで全大会を通じて37試合に出場し、10ゴールと3アシストを記録しました。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓