【緊急事態】国内リーグ残り2試合を残してアッレグリ解任の可能性が浮上!アタランタ戦後、TuttoSport編集長に対して…



 

【Football Italia】

スカイ・スポーツ・イタリアによると、ユベントスの監督であるマッシミリアーノ・アッレグリは、水曜日の夜のコッパ・イタリア決勝戦でアタランタに対して1-0の勝利を収めたにも関わらず、彼の職を失う可能性が非常に高いと報じられています。

イタリアの複数のメディアによると、ユベントスの首脳陣は、アッレグリのベンチでの行動と、Tuttosportの編集長Guido Vaciagoに対する脅迫に不快感を示しているようです。

 

 

報告によれば、ビアンコネリの監督はVaciagoを「くそったれの編集者」と呼び、彼に「新聞に真実を書け」と言ったとされています。

アッレグリは、「お前の耳を引き抜いて、顔を殴ってやる」と続けたと伝えられています。

スカイによれば、ユベントスは失望のシーズンを終え、現在チームは4位でインテルに25ポイント差をつけられていることもあり、クラブはアッレグリとの早期の別れの可能性を検討しています。

取締役会はアッレグリが真の「ユベントスのスタイル」で自身を振る舞っていないと感じています。

アッレグリの契約は2025年の夏までですが、木曜日に届いたレポートでは、アリアンツ・スタジアムでの2度目の任期がその前に終わる可能性があり、おそらく2024-25シーズン終了前に、イタリア人監督はベンチから去ることになります。

スカイによれば、この決定はCEOのマウリツィオ・スカナヴィーノによって承認される必要があり、ジョン・エルカン、クラブの会長ジャンルカ・フェレーロ、およびクラブの法務部と協議した後です。

もしユベントスがアッレグリと別れることを決定した場合、スカイはその決定が早ければ金曜日に発表されると考えており、それはおそらく株式市場が閉まった後の夕方になります。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓