伊紙「今シーズン終了後、ユベントスは7人の選手に別れを告げることになる。その名前は…」



 

【JuveFC.com】

ユベントスは今シーズン終了後に7人の選手が退団する可能性があるとされており、フットボールディレクター、クリスティアーノ・ジュントーリは大幅な変更を行うと予想されています。

Gazzetta dello Sportによる退団リストのトップに記されている名前は、現在契約期間が終了しているアレックス・サンドロです。

多くの人が、ブラジル人選手はすでにコンティナッサで歓迎されておらず、特に彼が昨シーズン自動更新条項を発動した後、その風潮が強まりました。

ベテランの給料は高額であり、特に彼の能力が低下していることを考慮すると、バランスシートに大きな負担となっています。

 

 

もう1人の確実な退団者はポール・ポグバです。残念ながら、フランス人選手はドーピングのために4年間の出場停止処分を受け、すでに衰退しているキャリアが破綻しました。

したがって、クラブは彼の契約を解消することを検討しています。

さらに情報元は、ウェストン・マッケニーとサミュエル・イリング=ジュニオールが、今夏に退団する可能性があると予想しています。両者の契約は2025年に終了するため、彼らから利益を得る最後の機会となるかもしれません。

フィリップ・コスティッチについては、マックス・アッレグリに続いて退団することが予想されています。

セルビア人選手は今シーズン、得点力が低下しており、クラブが来シーズンから導入しようとしている4-3-3システムに適応するのが難しいと考える人が多いです。

最後に、モイズ・キーンとアルカディウシュ・ミリクの両者も退団する可能性があります。

クラブは新たな攻撃陣の到着のためにスペースを作ることを目指していますが、これは主に、役員が満足のいくオファーを受け取るかどうかにかかっています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓