自ら違法賭博を申告したファジョーリ、それによりペナルティ軽減へ!出場停止期間は1年間を切り…

 

 

 

 

【JuveFC.com】

ユベントスでは、インターナショナルウィーク期間さえも退屈な時期ではありません。

それどころか、クラブのサポーターはニコロ・ファジョーリを中心とした違法賭博スキャンダルに驚かされています。

この話はつい最近見出しに登場したばかりですが、この22歳の選手は少し前に当局に自らの過ちを申告しており、彼の弁護士は検察官との和解交渉を行っています。

残念ながら、このミッドフィールダーはさまざまなスポーツイベント、セリエAやチャンピオンズリーグの試合を含む賭けに没頭していたギャンブル中毒に苦しんでいました。

ただし、彼は決してユベントスの試合に賭けたことはありませんでした。

プロの選手にとって、サッカーの試合に賭けをすることは法律に違反し、3年間の出場停止処分を受ける可能性があります。

しかし、ユベントスのミッドフィールダーは主導権を握り、調査官に協力する姿勢を見せながら罪を認めました。

さらに、彼はすでにセラピーセッションに参加するなど、自ら回復の道に歩み始めており、これらの前向きな行動は彼の処罰を大幅に軽減することになるでしょう。

それにより、La Gazzetta dello Sportのジャーナリスト、ジョヴァンニ・アルバネーゼによれば、ファジーリと彼の弁護士は、検察官との和解を手にする寸前まで来ているとのことです。

選手の弁護団は、イタリアでの出場停止が7ヶ月から8ヶ月に短縮されることを期待していますが、検察官はまだ1年間の処分を追求しています。

したがって情報筋は、両者が中間地点を妥協案として、10か月の出場停止で解決するかもしれないと考えています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

 

徐々に明らかになってきた、カイジの違法賭博スキャンダル。

 

現時点では

 

 

  • 違法プラットフォームで賭博をしていたこと。
  • スポーツ賭博をしていたこと。
  • その中にサッカーが含まれていたこと。
  • しかしユベントスの試合には賭けていなかったこと。
  • 月ユベでの愛称が「ファジョリー」から「カイジ」になっちゃったこと。
  • ポヌオが交通事故的に巻き込まれそうなこと

 

 

が明らかになっておりますが、カイジが自らの罪を申し出たことに加えて、捜査にも協力したことで、ペナルティは軽減される見込みの様子。

あとは8ヶ月か12ヶ月か、それとも間をとって10ヶ月かというレベルの話となりますが、編集長としてはギャンブラーらしく、カイジにおかれましては大穴の3ヶ月を引き当てることを期待しております。

 

 

判決後、こんなカイジが見たいですね!


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...