ユベントス、サッスオーロで好調をキープするベラルディ獲得資金捻出のために、イリングを放出か!

 

 

 

 

【JuveFC.com】

Il Bianconeroによると、ユベントスはドメニコ・ベラルディ獲得のための資金を確保するために、冬のマーケットでサミュエル・イリング・ジュニオール放出を検討しているということです。

イリング・ジュニオールのユベントスでの出場機会は限られており、プレミアリーグのクラブからの関心を集めています。

彼はまた、ユベントスがシーズンを通して獲得を目指しているベラルディのスペースを作る候補者としても考えられています。

それにもかかわらず、特に冬の重要な移籍活動に参加することに消極的だった歴史を考慮すると、サッスオーロは1月にベラルディに別れを告げる可能性は低いと考えられます。

したがって、ユベントスはベラルディ獲得の前に他の選手の売却で収益を上げる必要があり、その目的のためにイリン・ジュニオールをプレミアリーグのクラブに移籍させる可能性を模索しているようです。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

要は「サッスオーロは冬にベラルディを手放したくないはずだから、イリング放出により手にした札束で、カルヴァネーリさんの頬を引っぱたきなさい」ってことですかね。

個人的には若手の有望株も有望株であるチョーさんについては、完全移籍ではなくレンタルで出して経験を積みたい所ですが、しかし大金を手に入れるためとなるとそうとは行かず。

プレミアのお金を持っているチームに売却したとしても、仕方ないかもしれません。特に今シーズンはゴルゴとイソップがいますし。

恐らく冬までベラルディの名前は挙がると思いますが、ユベントスが本気で獲得に乗り出すのか、それとも途中で「イリングを放出したらダメだこりゃ」と思い直すのか、今後の動向に注目したいと思います。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...