【ななめ読み】ユベントスの新エース、キエーザにレアル・マドリーが注目か!?…ほか

ユベントスの新エース、キエーザにレアル・マドリーが注目か!?

Fichajes

カルロ・アンチェロッティはフェデリコ・キエーザを気に入っており、アザールやアセンシオを盛り込んだ条件をユベントス側に提示する準備を進めているようだ。

 

ユーロでの活躍から一気に世界のビッグクラブに注目されるこのになったキー坊ですが、ここ最近ではヨーロッパ王者のチェルシーも興味を示していると伝えられていた中、今度はレアル・マドリーの名前が届く事に。

🏨お得に宿泊!楽天トラベル🚙

しかし現時点では「どんなオファーが届こうともユベントスにキエーザ売却の意思はない」と伝えられており、ファンとしても安心している所。先日のチェルシー戦でも値千金のゴールを決めるなど、もはや今のユベントスにとっで最も替えの利かない選手の一人である事は明らか。更にはミノル、アラレと言った童貞ボーイズに素人卒業の手解きをする役割もありますので、メディアが伝える噂には耳を傾けずに、ユベントスでのプレーとアケミちゃんに集中して頂きたいと存じます。

 

 

守護神スチェスニー、2021年5度目のPKストップ!

ilbianconero.com

ローマ戦ではジョルダン・ヴェルトゥのPKをストップしてユベントスに勝利をもたらしたスチェスニーだが、PK阻止は2021年で5度目のものになる。

今年頭に行われたスーペルコッパでのインシーニェのPKに始まり、3月のスペツィア戦、5月のミラン戦と続き、6月にはポーランド代表の一員として、スペインのジェラール・モレノのキックを止めている。

 

今シーズン開幕直後はイリュージョった事により、ファンからは『ペリン待望論』『一回ピンちゃんでお茶を濁そう論』が持ち上がったコブタンでしたが、自身の実力でそれを払拭。昨シーズンまで同様に、ファンの大きな信頼の中でプレーを続けております。

そして年齢も31歳を迎えた事もあり、プレーだけではなくメンタル面でも円熟味を増すコブタン。今シーズンは後方で守るだけではなく、「こらロボ、適当なパス出してるんじゃねぇよ!」「ケンさん、Majiでで背中だけじゃ語れない部分があっから、もう少しコミュニケーションとってくれ!」「オジーロ、お前いまからキャバる準備してるんじゃないよ!」など、チームを鼓舞する姿を見せて欲しいと願います。

 

 

デ・シリオ:ローマ戦は大きな自信となった

デ・シリオ on DAZN

インターナショナルブレイクの後、今日の試合は「重要な一戦になる」と捉えていましたが、素晴らしい相手と素晴らしいゲームを演じる事が出来ました。

アッレグリの存在は私に常に自信を与えてくれており、加えてチームメイトにも大きな感謝の気持ちを持っています。

今後も継続して良いゲームをする為に、今日の試合は大きな自信となった事は間違いありません。

今シーズン開幕直後、チームは苦労しましたが、ここから良い流れに乗る事でしょう。

 

ローマ戦ではコブタンと並びに、現地各メディアから高い評価を受けたユッティ。四年に一度の活躍という事で、調子に乗っている事は上記のインタビューからも感じ取れます。

そのローマ戦での活躍を目にしたファンからは、少なからず期待の声が届いているものの、しかしユッティは「期待されればそれに反き、期待されなければそのままやらない」と言う天邪鬼な選手。以前から編集長がお伝えしている通り「ベンチ要員としては一流」のスタンスで、生暖かく見守って頂けると幸いです。ハードル上げると誹謗中傷も集まっちゃうので。

 

 

ゼニト戦、センターバックはボヌッチとルガーニのコンビに

Gazzetta

今朝行われた検査の結果、デ・リフトに筋肉ノ損傷は見つからなかった。しかしアッレグリは不安を抱えるデ・リフトを起用する事はなく、またインテル戦に向けてキエッリーニをベンチスタートとする事を決めており、ゼニト戦はボヌッチとルガーニがスターティングメンバーに並ぶ事になるだろう。

 

ローマ戦直前に『左太ももにわずかな違和感を覚えた』としてメンバー外となったフトシ。検査の結果は「大事には至らず」との事で何よりではあるものの、今週末行われるインテル戦を見据えてロボをお休みさせる事から、ゼニト戦のセンターバックはポヌッチ&揉太郎のコンビが確定的に。

🏨お得に宿泊!楽天トラベル🚙

多くの方がカバーリングタイプの2人が並ぶ事に不安を感じているかもしれませんが、それ以上に不安なのは、ポヌッチが仮病で戦列を離脱した時にどうなるか。ヒロシとしてはロボは温存したいでしょうし、もしゼニト戦においてポヌッチの仮病発生がリードしている局面であれば尚更ロボ投入は躊躇うはず。となると、3年ぶりにあのイリュージョンズ再結成の可能性もあり。まずは前日会見でヒロシが「センターバックはデ・シリオも出来る」などと口にしない事を切実に願うばかりです。

 

 

まとめ

「揉太郎スタメン濃厚」の記事を書いた後に、ヒロシが前日会見でフトシ戦列復帰をコメントしていたのですが、今さら記事の構成を変えるのメンドいのでそのまま掲載しました。ドンマイです。

 

【最新のJuveTube🎥】

このコーナー続けたいので、ぜひ反響下さいませ!