【そんなの100%にしてやろうぜ!】2020-21シーズン第33節 vs フィオレンティーナ戦 プレビュー

 

シーズンも終盤戦を迎え、そして「UEFA vs スーパーナンジャラ」の巌流島の決戦も落ち着きの様相を見せて来た今、話題に挙がるのは『来シーズンの構成』について。

ユベントスで言えば「小五郎、キュン、キーちゃん」と言ったビッグネームの去就に注目が集まり、そしてこれらのメンバーがチームを離れる事になれば、そこに代わって誰かが入ってくるはず。そんな折、イタリア人ジャーナリストのMomblanoさん(通称:モンブランさん)が、こんなツイートを投じておりました。

  • パラティーチが残留する確率は20%
  • アッレグリがユベントスに戻る確率は34%
  • ピルロには21.3%ユベントスに残る確率がある
  • ロナウドは66%の確率でチームに残るだろう
  • ドンナルンマのユーべ加入確率は50%

 

最近ではモンブランさんのこの「根拠を表さない確率」が一部で人気を博しているようで、ボクも何気に楽しんでいます。

上記の中では一番身近なものと言えば「ピルロの去就」であり、ボクが覚えている限りだとモンブランさんの(ピルロ続投の)確率は常に20%前後をウロウロと。恐らくは『チャンピオンズリーグ出場権獲得』がひとつのラインとなり、もし順位を上げて4位以上が確実になればその確率も増すでしょうし、下がればそれこそ一桁になるかもしれません。

そして迎えるフィオレンティーナ戦。キー坊とアバラル君が怪我により招集外となっているものの、キュンも調子を上げてきましたし、クアマンは引き続きキレキレであり、何よりもチームの得点源であるケンさんが健在(『ケンさん』と『健在』を掛けたダジャレじゃないよ)。パルマ戦では2ゴールを挙げて勝利に大きく貢献してくれましたが、フィオレンティーナ戦では「高倉で1つ」「渡辺で1つ」、更には「志村で1つ」かまして、ハットトリックにより小五郎の続投確率を上げて頂きたいと存じます!

 

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

<スタメン予想/4-4-2>

GK:コブタン
DF:オジーロ、ポヌッチ、ロボ、ケンさん
MF:クアマン、主任、ラビ彦、吉田さん
FW:キュン、キーちゃん

 

ゴールマウスを守るのはコブタン。前節のパルマ戦はお休みとなりましたが、ベンチでピンちゃん隊長とワチャワチャする事で、アタランタ戦の敗戦から気持ちを切り替える事が出来たのではないかと思います。

センターバックはフトシがお休みとなり『ロボヌッチ』のオジサンコンビ。両サイドは右にオジーロで、左にアレックストライカーのケンさん。

中盤は久し振りに吉田さんがスタメン濃厚。調べてみたら実に3月6日振りのスタメンと言う事ですので、アルテミオ・フランキのピッチを所狭しとフリー放牧してくれる事に期待したいと思います。

最後にツートップは前節に続きキーちゃんとキュンのコンビに。このところキーちゃんの不調が取り沙汰されておりますが、この稀代のズルムケッターに心配は無用。この試合ではケンさんで3点、キーちゃんで3点の合計6対2で勝つに違いありません。ちなみに2失点のうちひとつはポヌりで、ひとつはロボのクロスチョップによるPK献上です。そちらも併せてご期待下さいませ。

 

 

現在の順位であれば、『小五郎の続投確率』が出るのも分かりますが、しかし全てはシーズン終了後に語れば良いもの。そして選手たちはひとつでも順位を上げるべく戦う姿勢を見せて、我々サポーターは声援でその後押しをするのみです。

 

 

小五郎の続投確率100%にしてやるぜ!

 

 

Forza Juve!

 

【最新のユベ議室お題😎】