(Romano)来シーズン、ユベントスに残る選手は…

 

チャンピオンズも負けちゃったので、そろそろ補強・放出の話が挙がって来てもおかしくありませんが、さてどうなるでしょうか。

Fabrizio Romano

ユベントスは来シーズン、チームの再構築を念頭に置いている。現時点で残留が確定しているのは、スチェスニー、ボヌッチ、デ・リフト、マッケニー、キエーザ、そしてクルゼフスキの6選手のみで、それ以外のプレーヤーは何が起こってもおかしくない状況である。

 

今や家電量販店に行くと『一家に一台、ダニーロール』と言うノボリも出ているくらいなんで、オジーロもプロテクトして欲しいですけどね。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

と言う事で、簡単にですが各ポジション毎に考えてみます。

 

キーパー

名前が挙がったコブタンとピンちゃんの残留は確定的で、あとは「松野さんがどうなるか」と言った感じですが、個人的には『8対2で残留濃厚』だと思っています。

来シーズンには年齢も44歳になるものの、フィジカル的にも問題は無さそうですし、あとは本人のヤル気でしょうか。たぶん今シーズン限りで引退したとして、まだ今年いっぱいはコロナのせいで何かしらの規制が掛かり、気軽に外に飲みに行く事も出来ないでしょうから、チームに残りピンちゃんとか若手とワチャワチャする方を選ぶんじゃないかと思います。

あとは悲願のチャンピオンズリーグを制覇して、ラストパンツを飾って欲しいとファンとしては願う所です。

 

 

ディフェンス

松野さんと同じくロボも残るでしょう。本人が度重なるリコールを懸念しているようですが、カリアリ戦でもレベルの高いプレーを見せていますし、まだまだ出来ると思います。

逆にワンチャン移籍があり得るのがアバラル君。この2シーズンで名を馳せた事により高値が付くでしょうし、本人が今の処遇に納得できていない部分もある事で(たぶんもっと出場したいはず)、もし他のチームから高額オファーが届けば、一気に移籍に動き出す可能性はあると思います。

そうなれば、アタランタに貸し出しているロメロのレンタルバックで十分に穴は埋まると思いますが、アバラル君については空を飛べる事もありファンからの人気も高いので、何とか残留してくれれば、と個人的には考えている次第です。ただ、顔に似つかわしい小怪我が多い所が気になる部分ではありますが…。

 

 

ミッドフィルダー

Romanoさんの口からカリメロの名前が挙がっていないものの、移籍2年目と言う事、そして何と言っても今シーズンの中盤において圧倒的な違いを生んだ事から、名前の挙がった池崎に加えてカリメロもプロテクトされると思います。

逆に「金額次第では主任とラビ彦の放出はあり得るかもしれない」と編集長も考えておりまして、現役時代はレジスタとしてプレーした小五郎が、このポジションにメスを入れる可能性を否定出来ません。

噂されるサッスオーロのロカテッリのようなボールを捌ける選手が加入すれば、資金繰りの為に主任かラビ彦のどちらかが放出候補に挙がるかもしれません。そうなれば久し振りにラビ代の勇姿を拝める事になるでしょうが、ラビ彦については加入2シーズン目でプチブレイクした感もあるので、残って欲しいと言うのが正直な所です。モチのロン、主任もなんですが、結構良い値段がついちゃう気もするんですよね。(※ボカから移籍してきた際の約束事で、次の移籍金の半分をボカに渡すとかなんとかと言う話もありますが…)

 

amazon【新生活応援クーポン:最大20%オフ】
必要なアイテムをお得に手に入れるチャンス

 

アタッカー

恐らくスネ夫は完全移籍とまでは行かなくてもレンタル継続で残留が既定路線。ポイントとなるのはキーちゃんとキュンで間違いありません。

キーちゃんは現時点でどれだけの市場価値があるか分かりませんが、3000万ユーロとも言われる年俸を鑑みると、『移籍金+浮いた年俸』で代わりにそれなりの選手を連れてくる事は確か(プラス、ピンちゃんの昇給も希望)。キュンは今シーズン残り13試合での出来にもよるでしょうが、このまま怪我で戦列を離れ、そして2022年6月で満了となる契約の更新もままならないと言う事になれば、今シーズン終了後にユベントスが『放出』に舵を切る事も考えられます。

ユベントスの背番号10を背負う選手ですし、日本代表取締役ディバリスリタの編集長としても、2017-18に見せた輝きを忘れる事も諦める事も出来ませんが、しかしそうは言ってもユベントスと言うチームは一筋縄には行きません。もし、7000万ユーロだの8000万ユーロと言った大金をドドーンと積まれれば、首を縦に振る可能性も無きにしもあらず。いや、高速で首を上下運動させそうな気もしますが…。

 

 

まとめ

まだまだシーズンは2ヶ月続きますし、放出について固まるのはもう少し先だと思います。しかし、今シーズンもチャンピオンズリーグはベスト16で敗退したチームが『補強』を考えていてもおかしくなく、そうなれば自ずと『放出』も出てくる事は間違いありません。

更にレンタルバックで戻って来る選手もいますし、レンタルバックで戻って来る選手もいますし(大切な事なので2度言いました)、その辺りも含めながら現地から届く情報に耳を傾けたいと思います。

 

【最新のJuveTube🎥】